広報の志望動機・面接

志望動機

広報になりたいと考える人の多くは、マスコミや消費者などの外部へさまざまな情報を発信していく「社外広報」の業務に強く興味を抱いているようです。

社外広報は、自社の認知度を高めるためにも、広報の仕事のなかで重要な位置づけとなっています。

志望動機を考える際には、なぜ広報という仕事に興味を持ったのかをきっかけに、サークル活動などで過去にPRをした経験があれば、それも併せて固めていくとよいでしょう。

なお、広報は社内報などを作成して自社内で情報を共有する「社内広報」や、投資家に向けた「IR」の仕事もあります。

情報を集めてまとめることが好き、表現することが好き、など人によってさまざまな思いがありますが、広報の仕事内容や役割をよく理解したうえで、それに沿う志望動機の内容を考えることが大切です。

また、企業によって事業内容やブランドイメージ、扱っている商品・サービスはまったく異なります。

やみくもに広報になりたいというだけでなく、その企業で働きたい理由も志望動機の中に盛り込むべきでしょう。

面接で重視すべきポイント

広報としてとくに求められるスキルは、コミュニケーション能力や情報感度の高さです。

消費者、株主、マスコミなど外部の人と接する機会が多く、また社内でもさまざまな部署の人と関わっていくことから、誰とでも円滑にコミュニケーションがとれる人が好まれます。

これまでの経験で多様な人と関わり、そこから何か学びを得た出来事があれば、ぜひ具体的なエピソードとして話せるようにしておきたいものです。

さらに、広報は自社の情報をどんどん外へ発信していかなくてはなりません。

考えていることや、集めた情報を言葉にして伝える力が求められるとともに、魅力的な表現を考えていくには創造力、企画力なども必要とされます。

また、アピールしたい情報を相手によく伝わるように伝えるには、まず世の中で今どのようなことが求められているのか、消費者は何を望んでいるのかなどを知ることも大切です。

こうしたことから、広報の面接では、世の中の動きに広く関心を持っているか、という点が問われることもあるようです。

日ごろから、時事問題や流行などの情報にも積極的にアンテナを張っておくとよいでしょう。