SPの仕事内容、なるには

仕事内容

SPとは何か

テレビドラマなどでもよく見る「SP」という仕事。この言葉は「セキュリティ・ポリス」の略で、一般的には、警察組織(警視庁警備部警護課)において、要人警護を専門的に行う警察官のことを表します。

SPの警護対象者は、法律やそれに準ずる規定によって定められており、具体的には総理大臣や国賓級の来日外国要人、あるいは衆議院議長、参議院議長などがそれに当たります。

これらの人たちを、不審者など危険から守ることがSPの役目です。

通常時は特殊警棒や無線機などを身に着けて警護にあたりますが、もし不審者から射撃を受けるようなことがあれば、武器としてはけん銃を、防具としては折り畳み式の防弾盾を使い、自ら身体を張って警護対象者を守ります。

民間のSPもいる

先に述べた通り、SPは本来、警視庁で働く警察官のうち要人警護にあたる人のことを表しますが、世間では民間警備会社など、警視庁以外の組織で要人警護などの仕事を行う人も含めてSPと呼ぶことがあります。

民間SPも警視庁SPと同様に警護活動をこなすものの、民間企業で行う警護活動は、警備業法で「他人の需要に応じて行うもの」と定められており、個人あるいは法人との契約に基づいて、その相手のために行うものとなります。

そのため警視庁SPとは異なり、依頼を受けて政治家や企業の経営者、各界の著名人、犯罪被害者などさまざまな人を警護することになります。

民間のSPは警察官ではないため、けん銃や警棒などの武器の携帯・使用や、車両による緊急走行などは認められていません。

なるには

一定の条件が求められる

警察のSPになるには、警視庁の警察官になったうえで、SPとして任命される必要があります。

したがって、まずは警視庁の採用試験を受験し、それに合格して採用されることがスタート地点となります。

しかし、希望したすべての警察官がSPになれるわけではなく、まず、以下のような条件をクリアする必要があります。

・身長173cm以上
・柔道または剣道3段以上
・けん銃射撃上級
・英会話ができること など

これらの条件を満たしたうえで、さらに警察組織の中でSPとしての適性を認められると、上司から「SP候補者」として推薦を受けることができます。

その後、候補者として警察学校等で特殊な訓練を受け、そこでの競争を潜り抜けた人がSPとして任命されます。

つまり、SPになれるのは大勢いる警察官の中でも、一定以上の身体能力や技能を有しているほんの一握りの人だけというわけです。

民間のSPになるには

民間のSPとして働くには、警護会社に就職することが近道となります。民間の警護会社では、警護活動をする人を「ボディーガード」という名称で募集することも多々あります。

警護会社によって採用条件は異なりますが、警察のSPと同様、強靭な体力と精神力、そして柔道や剣道の技術は持っているに越したことはないようです。

民間の警護学校で知識やスキルを身につけてから就職を目指すこともできますが、まったく未経験からでも体力や熱意、適性があると認められれば採用される可能性も十分にあります。

現場をこなしながら実力を磨き、さらに経験を積むことで、フリーランスの警護員として活躍する人もいます。

SPに求められるもの

SPとして働くうえで、逮捕術、格闘術、射撃技能は必須のスキルになります。

これらは一般の警察官も訓練を通じて身につけていきますが、SPの場合、他の警察官よりずっと高いレベルの能力を持つ必要があるといわれます。

要人警護を行うという任務上、周囲の状況には常に厳しく目を光らせ、不審者を発見すれば必要に応じて即座に適切な対応をとらなくてはなりません。

SPは人間の盾とならなくてはいけないため、最悪の場合、命を落とす可能性もあります。

危険を回避するための体力づくり、技能向上のための厳しい訓練は普段から行いますが、そのような危険な状況の下でも冷静に動ける判断力、自制心など、強い精神力も求められます。