情報システム(社内SE)の社内での位置づけ、役割

情報システム部門は間接部門

SIerなどのSEが会社の売上を担う直接部門であるのに対して、社内SEの属する情報システム部門は、あくまで間接部門という位置づけになります。

企業の経営戦略や方針に沿ってIT戦略を策定し、システム企画に落とし込むことで、業務の効率化を図り、企業の業績向上に間接的に貢献することが役割となります。

一方で、あくまで間接部門という位置づけのため、会社の財務状況が厳しく、IT投資の予算を縮小されたりする場合には、想定していた技術を導入できなかったり、メンバーが削減されたりといったケースもあります。

便利屋になりがちな情報システム部門

勤務する企業の組織構成によって大きく異なりますが、SIerなどのSEの役割は、プロジェクトにおいて担当した範囲について開発を行うなど明確に定められています。

またプロジェクトの終了といった仕事の区切りがあり、その後の運用、保守などについては顧客との契約内容によります。

システムエンジニアの仕事

一方で、社内SEの場合は、ユーザが自社の社員であり、また開発した後も、運用や保守についても継続して行うことになります。

その中では、ユーザの声を吸い上げ、システムの改善へとつなげる役割はあるものの、社員の御用聞きのように便利に扱われることも珍しくありません。

また、中小企業などのように情報システム部門の役割分担が明確でなく、少人数で多くの業務を担う必要がある場合は、自分の仕事はここまでと割り切ることなく、ユーザからの依頼にはなんでも対応しなければならないというケースもあるようです。

ベンダーやユーザの調整が中心の情報システム部門

企業内の情報システム部門が拡大した結果、情報システム子会社として独立しているケースがあります。

そのような場合、社内SEの役割は、現場からの要件の吸い上げや、IT戦略やシステム企画の立案や、ベンダーの調整といった上流工程が中心となります。

実際の技術的な作業などの下流工程を外注しているため、技術力が磨くことができなかったり、役割分担がすすみすぎることで、全体のシステムを把握しにくいということもあるようです。

社内システムの全体最適に取り組むプロフェッショナル

企業の業務効率の改善や売上拡大のために、さまざまな業務分野でIT化が進められています。

そのような状況の中、社内SEは、プログラミングなどの現場での技術作業から、プロジェクトマネジメント、またシステム企画、設計まで業務範囲は非常に幅広く、経験とともに多くのスキルを身に着けることができます。

そして、IT戦略やシステムの企画といった上流工程では、企業の経営方針を理解し、そのためにはどのようなシステムが必要なのか、またどのような技術が適しているのかを判断し、また、社内で導入されているシステム化について、全体を横断的に捉えて、最適化を図ることが求められます。

社内SEは、そのような社内の情報システムに関する高度な知識とスキルをもつプロフェッショナルとして企業経営をサポートする重要な役割を担います。