洋服・ファッションに関わる職業、仕事

「新しい洋服を買うことが大好き」「毎月必ずファッション誌を読んでいる」そんなファッション好きな人であれば、将来は洋服に関係する仕事に就きたいと思う瞬間があるかもしれません。 洋服やファッションに関わる職業といえば、ショップの店員さんを思い浮かべるのが一般的かもしれませんが、実はファッション業界では、それ以外にもさまざまな役割を担っている人がいます。 ここでは、洋服・ファッションに関わる仕事を紹介していきます。

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは、洋服や靴、バッグなどの服飾品をデザインする仕事です。

マーケティングによって市場の動向をとらえ、どのようなアイテムが流行するのかを踏まえたうえで、色や素材、形を考慮しながら製作の基となるデザイン画を作成します。

ファッションデザイナーの多くは、アパレルメーカーなどの企業に会社員として勤めながら新商品を生み出していますが、実力をつけることでオーダーメイドの高級服を作るオートクチュールデザイナーとして働く人や、独立して自身のブランドを持って世界を股にかけて活躍する人もいます。

パタンナー

パタンナーは、洋服やバッグなどを作る際、ファッションデザイナーが描いたデザイン画を基に「型紙(パターン)」を作製する仕事です。

デザイナーが平面に描き起こしたデザイン画を立体的な形としてイメージし、生地のカットの仕方や縫製の方法、シルエットや着心地などまで考慮しながら型紙を作成していきます。

ほんの1ミリの誤差が完成形に大きな影響を及ぼすことになるため、確かなパターンを作成するには高度な知識と技術が求められます。

現代は「アパレルCAD」が普及しており、コンピュータを使って作成を進める流れが主流となっています。

アパレル企業社員

アパレル企業社員とは、衣服の企画・製造・卸売を行うアパレルメーカーにおいて、社員として働く人のことをいいます。

大手から中小までさまざまなアパレル企業がありますが、他の業種の企業と同様に、営業、マーケティング、企画、販売、管理など多様な部門で働く人がいます。

なお、大手では社内に大きなデザイン・制作部門を抱えており、複数のファッションデザイナーやパタンナーなどが所属しているケースが大半です。

仕入れのために全国を飛び回るバイヤーや、直営のアパレルショップで社員として働く店員も、アパレル企業社員となります。

アパレル店員

アパレル店員は、アパレルショップで店舗運営に携わる仕事です。

主に来店されたお客さまに対して商品説明やアドバイス、試着サポート、レジ業務などを行います。

そのほか、店内の掃除、乱れた洋服をたたみ直すなどの商品整理、仕入れた商品の検品作業、タグ付け、ディスプレイ、在庫管理など、店舗を円滑に運営するために、お客さまから見えない部分での仕事もさまざまあります。

アパレル店員はそのブランドの「顔」となるため、常に明るく、好感度の高い接客を行う必要があります。

また、キャリアを積んで管理職となれば、スタッフの教育や採用にまで携わることになります。

バイヤー

バイヤーは、小売店や百貨店などの店頭に並べる商品を買い付ける仕事です。

さまざまなジャンルで活躍するバイヤーがおり、洋服や靴などの服飾品を専門に扱うバイヤーは「ファッションバイヤー」と呼ばれます。

どの商品を、どれくらい仕入れるかを考えることがバイヤーの役目。

ターゲットとなる消費者の姿をイメージしながら、展示会や各地の工場に出向いて魅力的な商品を探し出したうえで、生産者と価格交渉などを行いながら、新しい商品を仕入れます。

また、店頭での商品の売り方について、販売員たちと一緒に考えていくことも仕事の一部です。

スタイリスト

スタイリストは、テレビやCM、映画、ショー、ステージなどに出演する俳優女優、モデルに、服や小物をコーディネートする仕事です。

出演するメディアやイベントの内容や目的に応じて、どのような雰囲気のスタイルにするのかについて他のスタッフと打ち合わせながらイメージを固め、自らのセンスを生かしてブランドやアイテムを選びます。

実際に衣装や小物をレンタルしたり、使用後は正しく返却したりすることも重要な仕事の一部です。

スタイリスト事務所に所属し、有名人や芸能人のスタイリストとして働く人が多いですが、最近では一般の人向けのスタイリングサービスも登場し始めています。

ファッションライター

ファッションライターとは、ライターのなかでも、主にファッション雑誌のページに掲載される文章を書く人のことをいいます。

最新のファッションニュースを調べてコラムを書いたり、ファッションショーの取材をしたうえで記事にまとめたりといったように、ページの企画に沿った文章を作り上げていきます。

ファッショライターには、出版社の編集部や制作会社でファッション誌を担当している人と、フリーランスのライターとして働く人がいますが、いずれの場合もファッションに対する感度と強い興味が問われます。

ファッションカメラマン

ファッションカメラマンとは、カメラマンのなかでも、主にファッション雑誌やファッションカタログ、商品広告に登場するモデルやタレントなどの人物およびファッションアイテムを中心に撮影する人のことをいいます。

スタジオにて、商業目的での撮影をすることが多いため、「スタジオ型カメラマン」や「商業カメラマン」と呼ばれることもあります。

モデルやタレントの撮影を行う場合には、カメラの知識や撮影技術はさることながら、相手の魅力が最大限に引き立つよう、場の空気を読んだり、上手にコミュニケーションを図ったりするスキルも求められます。

このように、ひとくちに洋服・ファッションに関わる仕事といっても、「作る人」「仕入れる人」「売る人」など、さまざまな役割を持つ人が活躍しています。 また、カメラマンやライターのように、雑誌などの媒体によって魅力的な商品を紹介する人もいます。 職業によって仕事内容はだいぶ異なるため、自分がどのような仕事をしてみたいのかをしっかりと考えてみましょう。