保育士の仕事内容

保育士の仕事とは

子どもを保育する役割を担う

保育所や児童福祉施設で、主に0歳〜6歳までの子どもを預かり、保育をする仕事です。子どもを心身ともに保護するというだけでなく、一緒に遊んだり会話をしながら、考える力や感性を育てていくことも大事な役割となります。

結婚や出産後も働く人が多く、年齢に関係なく続けられる職業です。女性が多い職場ですが、男性の保育士のニーズも高まってきています。近年は地域における子育て支援を保育園が担うようになり、保育士が保護者に対してアドバイスをするということも求められています。

なお、幼稚園の先生として働くためには「幼稚園教諭」という資格が必要となるため、幼稚園教諭の資格を持たない保育士が、幼稚園で働くことはできません。

保育園以外の保育士

保育士と聞くと保育園で仕事をすると思う人が多いと思います。ですが、保育士の職場は保育園だけではありません。さまざまな施設で保育士が働いています。どんな施設・仕事内容などを簡単にまとめて説明していきます。

乳児院

乳児院とは親族・保護者のいない場合や、保護者の病気や死別・子どもを育てていくことが難しくなったなどの理由で2歳未満の乳幼児を育てていく施設のことです。乳児院では生まれてすぐの赤ちゃんを育てている場合もあります。

乳児院での保育士の仕事は、保護者が家庭で子どもに行っているようなことです。ミルクを飲ませたり、沐浴をさせたり、おむつを替えたり、外気浴をさせたりなどが仕事内容となります。

保育園と違うのは、お迎えがないということです。乳幼児はずっと乳児院で生活をしています。そのため、保育士は、乳幼児が安全・安心に1日の生活を送れるように考えていくことが大切になります。

保育士だけでなく、乳児院では保健師・調理栄養士・看護師・臨床心理士等も働いています。

児童養護施設

児童養護施設は、入所施設です。乳児以外の18歳までの児童が入所しています。この施設は、保護者がいないというだけでなく、保護者からの虐待を受けた児童もいます。心に傷を負った子どもの対応には、十分に気を使う必要があります。

児童養護施設の保育士の仕事内容は、児童に遊びを提供したり、遊びの指導、保育をしていくことです。

障害者施設

障害者施設には大きく知的障害児通所施設と情緒障害児短期療養施設の2つがあります。

知的障害児通所施設は知的行動(計算や読み書きなど)に障害のある児童(18歳まで)が自宅から通う施設です。

18歳までとなっていますが、乳幼児の利用が多いのが現状です。そのため、仕事内容もほとんど保育園と同じとなります。違う所は利用者それぞれの障害のレベルが異なるということです。それを見極めて対応していくことが求められます。

情緒障害児短期療養施設は、引きこもりや不登校・過食または拒食症などの神経に障害のある児童が利用しています。18歳までの情緒不安定な児童が入所しています。

その中でも、学校に通えないほどの障害がある児童の場合、職員と施設で勉強しています。この施設での仕事は児童の生活の指導を行うことです。規則正しく生活ができるようにすることが保育士の大切な役目になります。

病棟保育士

病院に入院している子どもの援助をすることが仕事になります。保育園での仕事と同様と思ってください。排泄や食事・遊びや着替えなどの援助をし、子どもに精神的ストレスを感じさせないようにすることも重要です。

この仕事を希望する人は多いですが、あまり求人がないのが現状です。

このように、保育園だけでなく、さまざまな職場で保育士が求められています。

仕事体験談