保育士の就職先の選び方

保育士免許を取得したらあと一歩。肝心な就職先を選択しなければいけません。初めて就職する場合、どうやって就職先を選べばよいかわからないものです。良い例と悪い例を取り上げてお話ししていきます。

就職先選びの悪い例

まずは就職先選びの悪い例です。

・知人や友人・学校の先生等の紹介でその保育園の情報を知らないまま決める
・自宅からの距離が近くて便利だから
・給料が他と比べて高額だから

このような理由で安易に就職先を決めてしまうのは、あまりよくありません。せっかく時間やお金をかけて保育士免許を取得したのです。しっかりと時間をかけて吟味して自分にあった就職先を見つけることをおすすめします。

就職先選びの良い例

では就職先選びの良い例を挙げていきます。

・説明会に参加し保育園を見て回る
・いくつかの保育園のパンフレットを入手し、いろいろな面を比較してみる
・候補に挙げている保育園に見学に行く
・実際に実習をさせてもらうように申し出る
・保育園のホームページを見てみる

つまり、その保育園がどのような方針で保育をしていて、そこで働く保育士たちの雰囲気などを知っておくことが大切ということです。

事前にある程度把握しておくことができれば、実際に就職した後、「あれ?」と思うことが少なくなります。

また、ハローワーク等で求人を何度も募集しているような保育園の場合、詳しく調べてみたほうがいいかもしれません。保育士を常に募集しているということは、何か原因があり、保育士がやめているというケースもあるからです。

どんな保育園に就職したいか?

自分がどのような保育園を望むかを明確にすることも大切です。行事が多く、派手に行っている保育園なら残業や持ち帰りの仕事も多くなります。

また、市中心部に位置する保育園なら延長保育の時間が他よりも長くなることも考えられます。そうなると、帰る時間も遅くなります。

自分の希望する保育園に就職するためには、保育園の方針、特徴、雰囲気、等の情報をたくさん得ることが重要です。

保育士になるという夢を実現させる大切な選択です。自分に合った就職先を見つけるために、しっかりと情報収集をしておきましょう。

仕事体験談