保育士採用試験での志望動機の書き方

履歴書には必ずといっていいほど記入欄に「志望動機』「という項目があります。

保育士になるためにこの志望動機も選考する上で重要視される項目といえます。ここでは保育士になる人のために志望動機の書き方やポイントを紹介していきます。

子どもに対する気持ちは具体的に

まず必ず書いた方がよいのは「子どもに対する気持ち」です。

子どもが好きということはもちろんですが、その気持ちを率直に書くことが大切です。相手に気持ちが伝わりやすいように、長々書くのではなく、簡潔に書き、印象に残る書き方がよいでしょう。

また、「どんな保育士を目指しているか」「子どもにどんな風な指導をしたいと思っているのか」「子どもとかかわって成長していきたい」など、具体的に書くとよいと思います。

実際の自分が経験・体験したエピソードなどを加えて書くこともおすすめです。他人とは違う書き方ができるので、相手に与える印象が違ってきます。

学生時代の実績

自分の学生時代の実績(スポーツ・ボランティアなど)を書いておくことも重要です。保育士は体力も必要な仕事です。体力に自信のある人の方が保育園側も採用しやすいかもしれません。

面接を受けた際に「スポーツをしているようなので、心配はいりませんね。うちの保育園はかなり運動量が激しいと思うので」と言われた人もいます。

それだけ子どもと遊んだり過ごしていく中で体力が必要な仕事なのです。

もちろんスポーツが苦手でも保育士になることはできますので、スポーツをしていない人は、その他にがんばったことを書きましょう。

自分の言葉で書く

ポイントは、誰でも考えられるような志望動機を書かないようにすることです。自分のオリジナルの文章であることが大切です。

志望動機の例文がインターネットによく掲載されています。参考にするのは構いませんが、すべてを丸写しというのはいけません。また、そんな志望動機では保育園側もすぐに分かってしまい、対象外とされてしまいます。

自分の言葉に置き換えてじっくりと考えながら書くようにしましょう。そういった文章ならきっと気持ちも伝わるはずです。

読み返してみる

志望動機を書き終えたら何度も読み返してみましょう。第三者の目線から見た場合、保育園側から見た場合といろいろな視点で考慮していくとよいでしょう。

最後に自分が書いた履歴書を忘れないためにコピーをしておくことをおすすめします。

志望動機は面接のときに問われる可能性が高いので、面接前にコピーを読み返しておけば「書いたことを忘れてしまった!」という事態を防ぐことができます。

志望動機を書く際に是非参考にしてみてください。

仕事体験談