保育園の年間行事(運動会)

さまざまな保育園の行事

保育園にはいろいろな行事があります。発表会や遠足、季節の行事(七夕や雛祭りなど)と毎月のようにたくさんの行事があり、いつも子どもを楽しませています。

また、保育園の中には毎月お誕生日会がある園もあります。園によって違いはありますが、お誕生日会では先生の劇や誕生月の子どもの紹介、歌や踊りをします。このような行事のために、保育士は毎月その行事の出し物の用意や案を考えたりしています。

運動会の準備は大変

3大行事の一つの運動会の話をします。運動会は子どもや保育士だけでなく、保護者やご家族の方々もとても楽しみにしている行事の一つです。

運動会の時期の保育士は、曲は何にするか・どんな競技を取り入れるか・踊りの振り付けは?など、毎日夜遅くまで悩みながら保育園で試行錯誤しています。子どもには意識を高めていけるように運動会に向けて適切な声掛けをしたり、その種目の練習をしていきます。

どんなことであっても、子どもに何かを伝えるというのはなかなか大変です。運動が得意な子もいれば、苦手な子もいます。一人ひとりの子に合ったかたちで、わかりやすく伝え、運動会の種目を当日までに完成させていきます。

運動会の時期に練習をするのが嫌で「行きたくない」と登園拒否をする子もいます。そのような子のフォローも大切です。

運動会当日、保育士はほぼ休むことなく次の種目の準備・子どもの援助などをしています。保護者の方とのコミュニケーションを取ることも忘れません。このようにしているうちに一日が終わります。

このように楽しい行事の裏には保育士の努力があります。ですが、保育士も努力した分、その行事が成功に終われば、心から感動し、大変嬉しく思うものです。

仕事体験談