病後児保育とは?

病後児保育の役割

病後児保育とは、入院明けや熱を出したあとの病気明けで、まだ通っている保育園や幼稚園などに行けない子や、水痘(水ぼうそう)や耳下腺炎(おたふく風邪)、手足口病等の感染症で登園ができない子を一時保育する施設です。

医療機関や保育園に併設されていることが多く、保育中に小児科医が状態を見に来てくれたりします。

子どもは、急な発熱や感染症にかかることも多いですが、保護者の勤務がその度に休めなかったりする昨今、病後児保育の場所も徐々に増えてきています。

病後児保育の保育士に必要なこと

病後児保育をする保育士は、病気に対する知識と細かい状態を把握していることが必要となります。

受け入れのときに保護者の方から今までの症状や状態を聞き、保育をしながらも熱をはかったりと、状態を見ていきます。

感冒(風邪)症状でしたら、熱の状態、子どもの様子(食欲、活気など)を気にしていき、急変時には適切に対応していかなければなりません。

お腹をこわしている子には、食べるものを気を付けたり、水分を多くとるなどの配慮が必要です。

安心感を与える

また、体調が悪いときに初めて来た場所のため、なかなか泣き止まない子もいます。ゆったりと、安心できる場所だということを伝えて行くことが大切になります。

子どもが「安心できる場所」だと認識し、ゆっくりと関わりながら遊んでいけると、子ども側も病後児保育の場所が大好きになり、朝は泣いていた子も帰りには「また来るね」と笑顔で帰って行くケースも少なくはないです。

「ここに来たがってて」なんて保護者の方が言いながら、また利用したりする方も多いものです。

そんな風に、病気のときでも親も子どもも安心できる環境があるということは、心強いでしょう。

仕事体験談