芸能マネージャーの現状と将来性

現実の厳しさに耐えられるかどうか

芸能界は華やかなだけではなく、上司や先輩の言ったことには必ず従うといったように、上下関係が厳しい面もあります。

そのため、芸能マネージャーも入社後は下働きからスタートすることがほとんどで、一人前になる前に根をあげて辞めてしまう人も少なくありません。

芸能プロダクションは中小規模の会社が多いわりに、頻繁にマネージャーの採用募集をかけている会社をよく見かけます。これはある意味、その離職率の高さを表していると言えます。

「芸能界は華やか」というイメージだけを持って入社すると、理想と現実のギャップにショックを受けてしまう人もいるようです。とにかく、芸能界は甘くないという覚悟が必要でしょう。また、人並み以上の体力と精神力も必須です。

もちろん、厳しいばかりではありません。仕事の魅力もたくさんありますし、中には長年バリバリと芸能人たちをサポートし続けている有能なマネージャーもいます。

一人前になるまでは厳しいことのほうが多いかもしれませんが、この世界はそんなものなのだと考えておけば、意外と楽に乗り越えられるかもしれません。

スキルを持った人材が求められている

芸能人にマネージャーは不可欠の存在ですが、慢性的な人材不足に悩まされるプロダクションも多く、未経験者を積極的に採用する動きが目立ちます。芸能マネージャーを志す人にとっても、熱意と行動力があればこの世界に入れるチャンスは広がっていると言えるでしょう。

ただし、芸能界への憧れを抱く人は多く、依然志望者も減らないため、競争を勝ち抜くためには人間性に加えて人より秀でたスキルを有していることが求められます。

最近では特に、Webを使ったプロモーション活動のためPCを当たり前に使えることはもちろん、Webのスキルが歓迎されることが多いようです。また、国際的に活躍する芸能人も増えている中、英語の読み書きができることもプラスに評価されるでしょう。

芸能人を売り込むために、企画力があったり斬新なアイディアが生み出せるような人も重宝されます。自分の強みを持ち周りから一目置かれる存在となれば、マネージャーとしての仕事の幅も次第に広がっていくでしょう。