ゲームクリエイターの種類

ゲーム作品は、企画を立てる人、ストーリーを作る人、デザインをする人、プログラムをする人、全体の進行を管理する人…といったように、それぞれ得意分野を持つプロフェショナルが集結して作られています。

そのような中、「ゲームクリエイター」という職業名は、「ゲームを作る人」のことを総称して使われることが大半です。

ここでは、ゲームクリエイターを主な種類別に分け、それぞれの特徴や仕事内容について紹介していきます。

企画系の職種

プロデューサー

ゲーム制作における全体的な管理、運営を行う仕事です。予算設定やスケジュール管理、それに基づいたスタッフの配置などを行います。

ディレクター

いわゆる現場監督となるポジションです。各スタッフに指示を出しながら、現場がうまく回るように調整していきます。

プランナー

ゲームの企画や仕様を作る仕事です。

開発系の職種

シナリオライター

ゲームのシナリオの構成、ストーリーを作る仕事です。

グラフィックデザイナー

ゲームのキャラクターや背景を描きます。

サウンドクリエイター

BGMや効果音を作ります。

プログラマー

開発言語を使ってプログラミングを行い、音楽や絵、システムなどゲームに必要なさまざまな要素を落とし込んでいく役割を担います。

企画からスタートし、開発部隊へバトンタッチ

ゲーム制作は、まず企画からスタートします。プロデューサーやディレクター、プランナーがアイデアを持ち寄って企画会議を重ね、どのようなゲームにするのか、細かく話し合っていきます。

企画が固まると、いよいよ実際の開発作業に進んでいきます。

ここからは、開発スタッフの出番。デザイナーやサウンドクリエイターたちが、企画の世界観をうまく表現できるようなキャラクターや音楽を作り、プログラマーがプログラミングを行い、少しずつ作品は具体的な形として仕上がっていきます。

もちろん、企画職も、企画だけ固めたら仕事はおしまいというわけではありません。

開発途中には、開発のメンバーと方向性のすり合わせを行ったり、時に修正指示を出したりしながら、プロジェクトメンバー全員が一致団結し、完成を目指していきます。

仕事体験談