学芸員の志望動機・例文

志望動機の心構え

学芸員職は仕事柄知識や教養ということも必要になります。しかし学芸員として採用されるにはそれだけはありません。調査研究から展示運営まで他の職員と協力し合い、外部の人とも上手く交渉し、来館者のためにサービスも必要となります。

採用する側はそういった点も注意しています。いくら学究的能力に長けていても個人研究だけすればいいのわけではありません。個人的に美術が好きでもそれを施設の運営に活かし、来館者のためになる形で還元できねばなりません。

面接などで「なぜ学芸員で働きたいか」といったことを聞かれるのも、その志望動機が入ってからの働きに関係してくるからです。知識や興味も大切ですが、「社会人」として働いていけるかどうかといったところも見られます。

「美術品が好きだから」「研究を仕事にしたいから」といった理由だけでは厳しいかもしれません。変に飾る必要はないので、本気で学芸員として働きたいということを、自分なりのやり方で伝えるのが大事です。

志望動機の例文

昔から油絵を趣味としており、個人的に西洋美術史を学んでおりました。大学の課程でより深く学び、院で研究を重ねるにつれてますます惹かれていくようになり、ぜひとも美術に関わる何かを一生の仕事にしたいと思っていました。
 
学部時代は画廊や展覧会のアルバイトに行って、お客さまの案内や説明を担当していましたが、意外にもその仕事が自分の性に合ってることを発見しました。

自分の今まで学んできたきたことを活かして、展示を面白くするように工夫したり、素人の方にも分かりやすく説明していると非常に好評で、主催の方にも大変褒めていただきました。学部の卒業間際には画廊の販売や企画にまで参加するようになっていて、卒業後は就職しないかと誘いを受けるようになっておりました。

美術史の研究以外にも面白さがあるとわかったことは収穫でした。世界にはこんな素晴らしい美術文化があるということを、一般の方々にも知らせたい。詳しくなくても美術の世界を楽しめるように手助けしたい。こう思い立ったことが学芸員を志望した動機です。