ファイナンシャルプランナーへの転職

金融系での需要は大きい

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得して、その資格を生かした転職をしたいと考える人は多くいます。

FPの資格を生かせる代表的な業界は、銀行、証券、保険といった金融系の仕事です。

銀行であれば、お客さまに対して金融商品の紹介をはじめ、資産運用や住宅ローンのアドバイス、借入や返済のコンサルティングといったことを行います。

また、証券ではコンサルティングや金融商品の開発業務といった仕事に携われます。

保険であれば、個人のお客さまのライフプランニングを通じた生命保険や医療保険の紹介をしたり、法人向けに経営者のための保険の提案も行えます。

これらの仕事は、まさにFPとしての知識やスキルを存分に発揮できるものだといえるでしょう。

転職者向けの求人情報を見ても、FPの資格取得者を優遇するようなものはよく出ています。

どのレベルの資格が有利になる?

FPの資格はいくつかの種類や難易度に分かれていますが、一般的な求人において、最低でもこれくらいのレベルは必要とされているのが「2級FP技能士」や「AFP」です。

ただし、これらの資格は比較的取得者も多く、より資格を生かして転職したいのであれば「CFP」を持っておいたほうがよいといわれています。

ただし、いくら資格があっても、企業によっては経験を強く重視しており、経験の浅い人はさほど優遇されないこともあります。

ダブルライセンスでプラスの評価も

とくに金融系の企業ではFP資格だけでもアピールポイントになりますが、不動産業界であれば、加えて「宅地建物取引士」の資格を持っていると、さらに強みになるといわれています。

宅地建物取引主任者の仕事

そのほか、「行政書士」「社会保険労務士」「税理士」「司法書士」「中小企業診断士」といった別資格とのダブルライセンスによって、業務に幅を広げることができます。

司法書士の仕事
行政書士の仕事
社会保険労務士の仕事
税理士の仕事

FPは、こうした専門職の資格とも密接に関わっているため、スキルアップに励めば励むほど、転職時にも大きく有利になっていくでしょう。