アイリストのやりがい

目元のケアで「綺麗」をお届け

女性にとって、目元というのは顔の印象を大きく左右するパーツのひとつです。

「まつ毛が短くて目の印象が薄い」「まつ毛が下を向いていて暗い印象になってしまう」…などの目元の悩みを持つ人にとって、まつ毛エクステやまつ毛カールはコンプレックスを乗り越えるための大切な手段です。

まつ毛のケアをすることで「憧れていた顔になれて嬉しい!」「自信がついた!」「自分の顔を好きになれそう!」と喜ぶお客さんは多く、アイリストはお客さんのそんな笑顔に出会えることに一番のやりがいを感じています。

自分のお客さんが、仕上がりに満足し、口コミでほかのお客さんを紹介してくれるときも、非常に嬉しいものです。

自分の技術が評価され、綺麗になりたいという女性の前向きな気持ちを応援できるのが、アイリストにとって何よりの幸せです。

「あなたに任せたい」をめざして

アイリストは、美容師やネイリストと同じように、そのテクニックによって顧客数が大きく変化する職業です。

「目元メイクの流行の最先端を知っている」「施術のスピードが速い」「カウンセリングが丁寧で安心感がある」など、この人に任せたいと思うようなテクニックを持つアイリストは指名が増え、どんどん顧客を獲得することができます。

店舗によっては顧客の数がそのまま収入の高さに直結することもありますし、人気が高まることで将来的に独立開業するという道が見えてくることもあります。

自分を指名してくれるお客さんを増やすために、日夜テクニックを磨きながら努力を続けているアイリストは少なくありません。毎日の施術のなかで技術の向上を感じることもできます。

自分の好きな仕事で努力をし、努力したぶんが結果に反映されるのは幸せなことです。目標を持っていきいきと働きたいという人にとって、モチベーションを保ちやすい環境にあるといえます。

仕事体験談