エステティシャンの資格・試験

エステティシャンになるために、絶対に必要となる資格はありません。

しかし、民間団体が認定する関連資格は複数存在し、多くのエステティシャンたちがそうした資格の取得に向けて励んでいます。

ここでは、エステティシャンの代表的な資格の種類を紹介していきます。

エステティシャンの代表的な資格

エステティシャンには国家資格がないものの、民間資格が多数用意されています。

そのなかでも有名なのが、以下の3種類です。

・日本エステティック協会「認定エステティシャン」
・CIDESCO-NIPPONの「CIDESCOディプロマ」
・日本エステティック業協会「AEA認定インターナショナルエステティシャン」

エステティシャンの仕事に関連する民間資格は、このほかにも多数存在します。

この幅の広さゆえに、国家資格として一つの資格にまとめられないともいわれています。

資格の取得方法と注意点

エステティシャンの資格の取得方法は、通信教育での独学や、専門学校・スクールで学ぶなど、さまざまな方法が考えられます。

しかし、資格のなかには受験資格が必要となるものもあります。

たとえば、国内での有名な資格として、日本エステティック協会の「認定エステティシャン」「フェイシャルエステティシャン」「トータルエステティックアドバイザー」の3種類があります。

これらの資格を受けるためには、同協会の正会員にならなくてはなりません。

また、難易度が高い上位の資格の場合、数年の実務経験が必要とされることが多く、学生のときには取得することができないものもあるため、注意が必要です。

資格は取得すべき?

特別な資格はいらないエステティシャンですが、現代のエステ業界ではさまざまな分野での専門性が問われつつあるため、「まったく資格がない」という状態で成功することは難しくなるかもしれません。

また、資格を取得することで、自分の技術力をアピールしやすいともいえます。

とくに独立をする場合、資格を持つことによってお客さまの安心感と信頼感を勝ち取ることができ、他のサロンとの差別化を図りやすくなるでしょう。

また、エステティシャンの資格のなかには、国際的に通用することを証明するものもあります。

難易度も易しいものから高いレベルのものまで幅広くあるため、スキルアップのため、あるいは現在の実力を判定するために、資格取得を目指すエステティシャンも多いようです。

認定エステティシャン試験(正会員対象)の概要

能力基準 日本エステティック協会認定校300時間以上コースの理論課程・技術課程に基づき、『新エステティック学』に記載されている理論・技術を理解、修得し、エステティック業界の中核を担うエステティシャン
◆習得必須技術
・フェイシャル(手技・機器)/ボディ(手技)/ワックス脱毛
試験内容 技術試験:技術力確認試験(フェイシャル/ボディ:手技のみ)
筆記試験:エステティシャンセンター試験(4肢択一:マークシート式・100問)
受験料 エステティシャンセンター試験:10,368円(税込)
備考 3年更新 (会員登録前提・申請書提出・更新料無料)
詳細情報 一般社団法人 日本エステティック協会

仕事体験談