エステティシャンの資格・試験

エステティシャンになるために、国が指定する資格は必要ありません。しかし、これからのエステ業界において、さまざまな分野での専門性が問われてきているため、資格がない、という状態で成功することは難しいかもしれません。

ここでは、エステティシャンの資格の種類をおおまかに紹介していきます。

エステティシャンの資格について

エステティシャンには国家資格がないものの、民間資格が多数用意されています。

その中でも有名なのが、日本エステティック協会の「認定エステティシャン」、CIDESCO-NIPPONの「CIDESCOディプロマ」、そして国際的に活躍するための日本エステティック業協会の資格「AEAインタ−ナショナルエステティシャン」です。

この他にも多数有り、この多さや幅の広さゆえに、国家資格として一つの資格にまとめられないとも言われています。

取得方法

資格の取得方法は、通信教育での独学や、スクールで学んでの取得などさまざまな方法があります。しかし、資格の中には受験資格が必要となるものもあります。

国内での有名な資格として、日本エステティック協会が行う「認定エステティシャン」「フェイシャルエステティシャン」「トータルエステティックアドバイザー」の3種類があります。この資格を受けるためには、ここの協会の正会員にならなくてはなりません。

難易度が高い上位の資格では、数年の実務経験が必要とされることが多く、学生の時に取得することができないものもあります。

試験期間が長い

エステティシャンとして、保有していると有利な資格の一つとして「認定トータルエステティックアドバイザー」というものがあります。この試験は1次・2次・3次まであり、全てクリアできたとしても約1年間の期間を有します。

さらに、それぞれの受験料も必要となり、まさにプロフェッショナルを目指す方の試験となっています。

資格がいらないエステティシャンですが、だからこそ資格を取得し自分の技術を証明させることが必要となるときもあります。資格保有によって、お客さまの安心感と信頼感を勝ち取ることができ、他のサロンとの差別化を図れるのです。

認定エステティシャン試験(正会員対象)の概要

能力基準 日本エステティック協会認定校300時間以上コースの理論課程・技術課程に基づき、『新エステティック学』に記載されている理論・技術を理解、修得し、エステティック業界の中核を担うエステティシャン
◆習得必須技術
・フェイシャル(手技・機器)/ボディ(手技)/ワックス脱毛
試験内容 技術試験:技術力確認試験(フェイシャル/ボディ:手技のみ)
筆記試験:エステティシャンセンター試験(4肢択一:マークシート式・100問)
受験料 エステティシャンセンター試験:10,368円(税込)
備考 3年更新 (会員登録前提・申請書提出・更新料無料)
詳細情報 一般社団法人 日本エステティック協会

仕事体験談