営業事務のやりがい、魅力

営業のがんばりを裏で支えていける

営業事務は、さまざまある事務職の中でも「営業のサポート役を務める」といったように役割がハッキリとしています。

あくまでも裏方での仕事が中心となりますが、営業事務の活躍によって、実際に売上を生み出す営業担当者の成果も働きやすさも変わってきます。

安定して売上を出せるのは、優秀な営業事務がいてこそといっても過言ではありません。

チームを組む営業の状況を把握し、機転を利かせて行動する。

決して目立つ存在ではないものの、お客さまのフォローなども営業事務が行うことが多く、非常に重要な仕事を任されます。

仕事は忙しくなりがちですが、その分、やりがいと達成感も得やすい仕事だといえるでしょう。

チームワークで目標を達成する喜び

営業事務は、チームワークを大事にしながら働きたい人にも適した働き方だといえます。

事務というと一人で淡々と目の前の作業をこなすイメージがあるかもしれませんが、営業事務の場合は、いかに営業と連携してゴールに向かえるかが勝負です。

営業は売上目標やノルマを持っているため、必然的に営業をサポートする営業事務も、それを意識して仕事をすることになります。

目標を達成することができれば営業事務も褒められることになりますし、何よりもチームで成果を出したという喜びと充実感を味わえます。

変化も多い仕事

営業事務は、事務職の中ではかなり変化に富んでいる部類の仕事だといえます。

お客さまのニーズはまちまちであり、仕事の進め方もまったく同じようにはいきません。相手の出方によって臨機応変に対応することが求められます。

また、多くの業務が同時に舞い込んでくることもあるため、優先順位をつけながら段取りよく進める必要もあります。

ルーティンワークの部分が少ないため、変化を楽しみながら頭を使って仕事がしたい人にとっても、やりがいを感じられるでしょう。

事務職のひとつではありますが、ビジネスの最前線で仕事を進めていく感覚を得やすいという魅力があります。