DTPオペレーターの仕事内容

DTPオペレーターの仕事とは

DTP(Desk Top Publishing)とは、パソコンを使って、机の上でデザインから印刷用の入稿データの制作までを行うことを指します。

雑誌や広告、セールスプロモーションツールなどの印刷物を制作する際、デザイン自体はグラフィックデザイナーが行い、DTPオペレーターはその指示に従って作業を行うのが仕事です。

会社によってはグラフィックデザイナーのアシスタントをDTPオペレーターと呼ぶこともあり、DTPオペレーターとしてスキルと実績を積んだ後、上位の職種としてデザイナーに転身する人もたくさんいます。

グラフィックデザイナーの仕事

仕事の流れ

クライアントから案件を受注すると、プロデューサーやディレクター、プランナーなどが話し合って立てた企画に基づき、グラフィックデザイナーとコピーライターが実際の紙面の文言やデザインを考えます。

DTPオペレーターに支給されるデザイン案は、グラフィックデザイナーの方針や案件の特性により、大雑把な手書きラフから、ある程度デザインが進められたレイアウトデータまでさまざまです。

案件によっては写真をカメラマンに、イラストをイラストレーターに依頼することもあります。

DTPオペレーターはデザイン案に基づいて、DTPソフトやグラフィックソフトなどを用いて文字、写真、イラストなどそれぞれの素材をレイアウト。

グラフィックデザイナーやコピーライター、クライアントなどのチェックを受けながら修正を繰り返し、印刷会社に入稿できるデータに仕上げます。

勤務先による仕事内容の違い

DTPオペレーターの勤務先は、広告代理店、出版社、印刷会社、デザイン事務所、編集プロダクションなどで、ベテランになるとフリーランスとして活躍する人もいます。

広告代理店をはじめとする制作サイドのDTPオペレーターは、デザインスキルを駆使してクリエイティブな仕事をすることが多いようです。

一方、出版社や印刷会社では制作サイドから入稿された後のデータに修正を加えることが多く、オペレーション寄りの作業が中心になります。