DTPオペレーターの給料・年収・収入

会社員の場合の収入

デザイン事務所や編集プロダクションで働く正社員の場合、DTPオペレーターの平均月収は20万円前後、平均年収は200〜300万円前後だといわれています。

残業が多い業界にあり、専門の知識と技術を必要とする職種にしては、一般職の会社員の平均を下回っている現状に、少々低めだという印象を受ける人も多いかもしれません。

上記の平均収入には駆け出しでまだ見習いの人も含まれ、数年で辞めていく人も多いため、経験を積んだベテランになると給料はぐんと上がると考えていいでしょう。

また、派遣社員の場合は時給1200〜1800円ほどで、一般事務の派遣社員より上回ります。正社員の給料を時給に換算するとこれより低くなるため、派遣の形態を選ぶ人が多いのもこの職種の特徴です。

フリーランスの場合の収入

ベテランのDTPオペレーターの中には、自宅にMacパソコンやDTPソフトなどを揃えて、在宅で働くフリーランスの人も少なくありません。この場合、収入は人によってまちまちです。

デザイン事務所やフリーランスのグラフィックデザイナーと太いパイプがあれば安定した仕事が入り、正社員や派遣社員よりはるかに高い収入が見込めるでしょう。

逆に、特にコネクションがないまま独立してしまうと、営業活動に四苦八苦することもあります。

DTPオペレーターはグラフィックデザイナーとの信頼関係あっての職種であるため、まったく新規の会社と取引きを始めることはなかなか難しいでしょう。

とはいえ近年は、1つの案件ごとにインターネット上で仕事を受注するクラウドソーシングが盛んになっています。

クリエイティブ案件の中でもデザインやコピーライティングより、DTPオペレーションの方が報酬の見積もりがしやすいため、気軽に募集を出す会社や個人が増えているようです。

こうしたシステムを利用すれば、ある程度の知識とスキルを持ったDTPオペレーターなら、まったく仕事にあぶれるという心配はなく、時給に換算すると1000円以上は確保できると考えていいでしょう。