大学教授の勤務時間・休日

大学教授の勤務時間

大学教授の勤務時間は特に決められたものはありません。

大学の授業は1コマ目が9時ごろから始まりますから、授業がある日はその前には出勤しておく必要があります。授業の準備をするために大体8時くらいには出勤するようです。しかし、授業がない日は少しゆっくり目の10時ごろに出勤するようです。

また、大学教授は毎日講義をするわけではなく、週3日程度の授業を行い、授業のある日だけ出勤する大学教授もいます。担当する授業のコマ数によって勤務時間は変わりますが、比較的自由な時間がつくりやすい職業です。

一方、授業がなくても研究室での研究のために毎日出勤する大学教授もいます。空き時間は常に研究を進めなければならないため、勤務時間という概念があまりない傾向にあります。

大学教授の労働時間

大学教授は毎日の出勤が義務づけられていないため、大学に出勤する日数も人によります。

また研究が佳境にある場合など、深夜まで研究室に籠もるということもあり、労働時間も人や状況によります。

平成27年での大学教授の労働時間を調査した結果では、1ヶ月の労働時間の平均は161時間となっています。これを1ヶ月の平日22日で割ると、7.3時間強ということになります。

この勤務時間は一般企業の勤務時間とさほどかわりません。

かし、大学教授の中には週に3日程度、授業のある日だけ出勤する人もいますので、この数値が平均値であることを考えると、ほとんど毎日大学に出勤し、7時間以上を大学にいる大学教授もいるということでしょう。

大学教授の休日

私立大学の中には、週休3日と決められている大学もあるようですが、大学教授に勤務時間や出勤日が決められていないように、休日についてもとくに決まりはありません。

ただし、大学の授業は月曜日から金曜日の平日ですから授業のあるなしについては、カレンダー通りの土日、祝日は休みといっていいでしょう。

また、小中高の教員の場合は、長期休暇の間であっても出勤しなければなりませんが、大学教授は夏や冬などには大きな休暇を取ることもできます。

しかしながら、大学教授は所属する大学以外で働いていることもあるので、土日、祝日や夏や冬の休暇を休日としているかどうかについては人によります。

とくにまとまった休みの時は、研究に集中できるため、大学が休みであっても休暇とはせずに研究をしている教授が多いようです。