コピーライターへの転職、中途採用

コピーライターからコピーライターへの転職

コピーライターという職業に憧れている若い人は、誰もが知る大手広告代理店への就職を目指すケースが大半かもしれません。

しかし、広告業界は依然として人気が高く狭き門となるため、実際には、まず小さな広告代理店や制作プロダクションに入り、そこで経験を積んだうえでもっと大きな企業へと転職をしながら経験やスキルを積んでいく人も多くいます。

大手の広告代理店であればあるほど、規模の大きな仕事に携わることができたり、給料や待遇も好条件となる傾向が強くなります。

さらに経験を積んで、将来的にはフリーランスのコピーライターを目指す人も多くいます。

こうした形のキャリアアップの特徴は広告業界で広く認識されているため、転職することが不利になる要因はとくに見受けられません。

むしろ、企業側も経験豊富なコピーライターはむしろ大歓迎と捉えることが多いようです。

広告代理店と制作プロダクション

代理店とプロダクションにおけるコピーライターの役割の違いはきっちり線引きされているものではありませんが、代理店のコピーライターは、外部業者へ委託する際のディレクター的な役割を兼ねることが多くあります。

一方、プロダクションのコピーライターの業務内容は、ライティングに徹したり、企画からプレゼンまで幅広く兼任したりと、その企業の規模や性質によって異なることが多いようです。

したがって、転職の際に代理店とプロダクションの違い、企業ごとの特性の違いを見極め、より自分の目指す仕事のスタイルに合った企業を選ぶのが得策といえそうです。

異業種からコピーライターへの転職

中途採用の場合、ほとんどの企業が「コピーライター経験者のみ」を募集するため、まったく別の職種から未経験でコピーライターに転職をするのはかなり困難です。

ただし、取材記者やテクニカルライター、編集ライターなど、文章を書く仕事に携わっていた場合は、その経験が考慮されます。

一般的なライターのスキルとコピーライターのスキルは似て非なるものですが、「コピーライター養成講座」でしっかりと基礎的な力を身につけていたり、コピーライターの賞を受賞したりしていれば、コピーライターへの転職に有利になることがあります。

それは、ある程度のスキルは備わっているものと判断されるとともに、転職への意気込みや決意の固さのアピールにもなるためです。

未経験からコピーライターへ転職を希望するのであれば、できることはすべてやるくらいの勢いで動いたほうがよいでしょう。