コピーライターに向いている人、適性

言葉のセンスを磨く

コピーに正解・不正解はありません。しかし「センス」は必要です。

同じ物を売るにしても、センスがないコピーとインパクト充分のセンスあるコピーでは、売れ行きが随分と変わるといわれます。

コピーひとつで人を動かすことができます。センスを磨くためには、自分で「いいな」と思うコピーを書き留めてみたり、コピーをたくさん書いて人に見てもらうのもよいでしょう。

一流のコピーライターは、一つのテーマで異なる数十個ものキャッチフレーズがすぐに出せるともいわれています。

言葉で表現することが好き!

コピーライターは「言葉」を扱う仕事です。言葉で表現をすることが好きで、そんな自分の表現で人に影響を与えたいと思える人であれば、コピーライターに向いているでしょう。

しかし、日記や小説を書くのとは違い、限られた文字数でインパクトのある言葉を生み出さなければならないのがコピーライター。

それがこの仕事の醍醐味でもあり、難しさでもあります。

世の中のコピーを分析する

世の中にはコピーがあふれていますが、普段はなんとなく見過ごしていることも多いはず。

しかしコピーライターを目指すのならば、まずは世に出ているコピーをしっかりとチェックして、「なぜ、そのコピーなのか?」について自分なりに考えることが大切です。

一つひとつのコピーは考えて作られたものであり、必ず意図があります。とにかくたくさんのコピーに意識的に触れることから始めましょう。

流行に敏感になれるか

コピーライターは流行に敏感でなければなりません。ジャンル関係なく「いま世の中では何が流行っているのか」常に追うクセをつけておくべきです。

意外なところで得た情報が、コピーを書く際に役立つこともあります。

ひとつのことだけに打ち込むタイプよりも、自分の情報アンテナを張りめぐらせておける人のほうが、コピーライターには向いているといわれます。