コピーライターの資格・検定

コピーライターは資格がいらない仕事

コピーライターになるために必要な資格試験はなく、技能検定に合格する必要もありません。

その点では特殊な勉強がいらない分、コピーライターになるチャンスは誰にでも開けているといえるでしょう。

現に、第一線のコピーライターとして活躍しているたち人も、一般公募でコピーライティングの賞を受けたのがきっかけだったり、雑誌の編集の仕事から転身していたりと、その経歴はさまざまです。

逆にいえば、「これを勉強すればコピーライターになれる」という絶対的なものがないため、何をすればいいのかつかみどころがないと感じる人も多いかもしれません。

コピーライター養成講座

編集や取材記者など、ライターと近しい仕事の経験がある人の場合、「コピーライター養成講座」での学びがスキルアップに役立ち、コピーライターに転職する際に有利になります。

養成講座で有名なのは、雑誌『宣伝会議』で知られる株式会社宣伝会議のもの。これは日本で最初のコピーライター養成機関です。

著名な糸井重里氏をはじめ、この養成講座を卒業した多くの人が第一線のコピーライターとして活躍しています。

コピーライターに役立つ検定

コピーライターには資格がいらないとはいえ、新卒や未経験者の場合は何かしら他の人より抜きん出るための材料がほしいものです。

そこで、コピーライターとして採用試験を受ける際に、やる気や本気度合いを示す証しになる関連検定をご紹介しましょう。

Webライター技能士検定

テレビや雑誌といった媒体から、インターネットやモバイルをメインとする媒体へのシフトが顕著になってきている近年。Webライターの検定もコピーライターとしての就職にプラスになる期待がもてます。

実用ライティング検定

情報をわかりやすく書き、伝えるために必要な基本的知識を確認する検定。コピーライティングの基本中の基本である「書く力・伝える力」を備えていることを客観的に示すことができます。

実用ライティング検定は3級、2級があり、最初は3級への挑戦がおすすめ。2級はプロライター向けとされています。