調理師の勤務時間・休日

早出・残業がある上に休みが取りにくい

職場にもよりますが、一般的に調理師の仕事は勤務時間が長く休日の取りにくい仕事です。

仕込みがある場合は朝早くに行くこともありますし、翌日の準備、食材管理、売上管理、調理場の掃除など雑務が多く深夜残業になることもあります。

店によっては早出・残業は当たり前の上、基本給しか出ないなど、労働基準法を無視した勤務形態のところもあります。また、人手が不足しているところでは、休日が週1回となることもあります。

基本的には拘束時間が長くハードな仕事であると思ったほうがよいでしょう。

土日祝日が休みという職場に勤めていない限りは、調理師の休日は主に平日となり、職場内のローテーションで休むことになります。

ぎりぎりの人数で回している店も多いため、お盆や正月などの長期休暇を除くと、思うように休みを取りにくいのが実情です。

大手企業の場合はシフト制

大手チェーン店の調理師や病院などの食堂に勤務する調理師は、早番・遅番がしっかりと分かれていて、実働8時間というように勤務状況は比較的安定しています。また、事前に申請していればシフト次第では休みも比較的取りやすいようです。

ただし、土日祝日はやはり取りにくいと思っておいたほうがよいでしょう。

学校給食や社員食堂の調理師は待遇がよい

学校給食や企業の社員食堂の調理師は、土日祝日、お盆や正月は休みという調理師には珍しい環境で仕事をします。とくに学校給食の調理師は、学校と同じように夏休み、冬休み、春休み中は研修への出席以外は出勤しなくてもいいという利点があります。

これらの調理師は、拘束時間が一定な上、休みも安定しているということで非常に人気の高い仕事です。

まわりが休みの時には休めない

基本的に調理師という仕事は、土日祝日、クリスマス前後など繁盛期には休みを取りにくく、早出・残業も多くなりがちです。

世間一般の人が休みの日にこそ働く仕事であることは覚悟しておく必要があります。

仕事体験談