ショコラティエの求人・採用募集状況

ショコラティエの採用は狭き門

ショコラティエはチョコレート菓子専門の職人ですが、日本ではまだまだチョコレート専門店の数はそれほど多くありません。

さらに求人状況としては、「人手が足りなくなったときに若干名の募集をする」という程度で、例年必ず採用があるとは限らないのが現状です。

募集の時期も、必ずしも4月採用とは限らないので、就職を希望する店舗のホームページを見たり電話で問い合わせたりして、求人情報をまめにチェックすることが大切です。

パティシエとして就職する道

ショコラティエとしてチョコレート専門店への就職が難しい場合は、洋菓子全般を取り扱っている個人経営の店舗やホテルの菓子店を探してパティシエとして就職するのが現実的な選択となります。

洋菓子店のなかでもチョコレートの製作や販売を手掛けている店舗は数多くありますし、そういったお店でチョコレート菓子に携わることで経験を積むことが可能です。

経験を積み重ねながらチャンスを待ち、いずれはチョコレート専門店への再就職をすることをめざす人もいます。

製菓学校から紹介してもらえる場合も

菓子店によっては製菓の専門学校と提携していて、学校からの推薦や紹介で就職ができる場合があります。

とくに、有名な専門学校では製菓業界に多くの卒業生を輩出しているので、そういったつながりから学校に直接求人情報が入ってくることもあるのです。

もちろん、こういった推薦を受けられるのは、その製菓学校のなかでもとくに優秀な生徒になります。

学生向けの製菓コンテストやコンクールで賞をとる、留学をして実力をつけるなど、学生時代に人並み以上の努力をすることでチャンスを広げることができます。