シェフの仕事内容

仕事は料理だけじゃない

シェフとは西洋料理店において厨房の全責任を負うトップの料理人のことを指します。

調理のみならず味付けやスタッフの教育のほか、料理の原価計算など、利益を意識しながらマネージメントを行います。

もちろん、調理したものをお客さまに提供すること、お客さまにおいしく食べてもらうための努力は欠かしません。

具体的には、自ら調理しながら部下が味付けした料理の最終チェックをします。

また「日替わりランチ」「今月のディナー」といった、その日に入った食材や旬のものを使って献立を考えたり、若手を指導し後継者の育成にも努めます。

食材の仕入れや選択、調達もシェフの腕の見せどころです。

どこのどんな食材を、いくらで仕入れてどのようにして使うかはシェフのセンスや世界観が如実に表れるポイントでもあります。

ときには食の大切さを伝える講習会を開いたりアドバイスを行うこともあります。

そして何より、現場の指揮者として利益の追求は最も重要な使命です。大規模なホテルやレストランになれば管理責任者としての職務のほうがメインになることもあります。

シェフの勤務先は多種多様

シェフが活躍する場はさまざまです。

料理に直接携わる職場としては、ホテルの料理部門をはじめ、レストラン、カフェのほか結婚式場、ケータリングサービスなどもあります。

ベテランのシェフなら、経験値や個性を活かした料理教室の先生や食に関するアドバイザー、調理師学校の講師などのほかにも、スポーツ選手のサポートなど専門的な知識が求められる場が職場になることもあります。

勤務先で異なる仕事

職場のひとつとしてコックが多く在籍するホテルを例に挙げてみましょう。

ホテルは宿泊を目的とした来客のほかにレストランでの食事や結婚式、披露宴、宴会などのパーティーなど食事を目的とした来店も多くあります。

そのため個人レベルから、ホテルの規模によっては100人、1000人単位の料理を調理することもあり、そのなかでシェフは大勢のスタッフを指揮しながら作り上げていくチーム体制をとっています。

現場を指揮する以外には、シェフの個性を活かした職場での活躍もあります。

たとえば現場で培った知識や技術を駆使し、料理のコンサルタントとしてホテルのメニューを開発したり、プロ向けのレシピを家庭用にアレンジするなどがあります。

オーナーシェフになったら

もし独立後、店をオープンできたらそれは自分の城です。

厨房はもちろんのこと、経営やサービス、インテリアなど全てにおいて自分自身に決定権があるので自由にできます。

ということは、料理の原価計算や食材の仕入れ価格、在庫管理といったマネージメントのほか、店の外観や内装、器やテーブルセットに至るまで自分自身で判断し、決めていく必要があるということです。

どれをとっても店の経営に繋がる大切なファクターなのだという自覚があれば、おざなりにはできないでしょう。

オーナーシェフを目指している人にとってはハードルの高い仕事ですが、同時にとてもやりがいのある仕事でもあるのです。