シェフに向いている人、適性

体力がある

シェフになるには第一に体力がなくては務まりません。

早朝から深夜まで重い鍋やフライパンを扱いながら、厨房に立ち続けなければいけないからです。

ましてや下積み時代や独立直後は、過酷な毎日が休みなく続きます。かといっていつも体調を壊していては仕事にならないので、体調管理も大切です。

健康でいればこそ料理の微妙な味の違いや香りを見極めることができるため、そういった意味でも体調に気を使うことは大切なことなのです。

飽くなき探究心

現場の指揮を任されるシェフになったら料理の技術や知識が完成するわけではありません。

料理の世界は日進月歩のため、新しい情報を仕入れたり知識や技術を学び、自身の料理をブラッシュアップしていかなければなりません。

厨房のトップだからといってあぐらをかいているとあっという間に後輩に追い越されたり、取り残されてしまいます。

とはいえ、シェフまでになっていれば料理や食への興味は十分に持っているはずです。

好奇心や情熱を持ち続け、常に進歩していくことが大切です。

経営のセンス

シェフにもなればテクニックや知識、経験値はある程度既に持っているので、他のシェフとの差はあまりありません。

しかし経営センスがどれだけあるかはシェフそれぞれです。もし独立するとなれば、厨房のみならず店を続けていくための経営のノウハウを身につけておく必要があるでしょう。

そのためにはホテルやレストランに所属している間に、オーナーや主人から経営の知識を学ぶことです。

いくら料理の味がよくても、客が来なければ意味がありませんし、利益がでなければ店は立ちいかなくなります。

開業を目標にしている人は、そういった先のこともきちんと考えておきましょう。