学校のキャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)

小学校から大学まで活躍の場は広い

キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)が活躍できる代表的な場のひとつが、学校などの教育機関です。

学校と雇用契約を結んで常駐して働く人もいますし、フリーランスの人が業務委託といった形で仕事を請け負うこともあります。

高校では、進路相談室に専任のキャリアカウンセラーを置く学校も増えているようです。

また、専門学校や大学であれば就職支援センターやキャリアセンターなどがキャリアカウンセラーのおもな活躍の場となります。

こういった場では、学生の進学・就職の相談がメインの仕事となりますが、ときに日々の勉強や日常生活の悩みにのることもあります。

また、最近では小学校・中学校でもキャリア教育が積極的に行われています。

そこでは、一人ひとりの児童や学生がどのようなことに興味があり、どのような夢を持った大人になりたいのかなど、広い意味でのキャリアを早くから考えることで、生徒の可能性を広げていくという取り組みがなされています。

教師が資格を得ることも

とくに小・中学校に多いようですが、教員免許を持ちながらキャリアカウンセラー資格を得ている人もいます。

学校内の相談室などに、専任のキャリアカウンセラーを常駐させる学校も増えてはいるものの、学生にとって最も身近なのは、やはり担任や教科担当の教師です。

こういった教師がしっかりとしたキャリアカウンセリングのスキルを持っていれば、日常的な進路指導などの場でも役立たせることができます。

なお、学校のキャリアカウンセラーになるにあたって生かせる学びの分野としては、教育学、社会学、生活科学などが考えられます。

実務経験が求められることも

学校のキャリアカウンセラーの求人では、実務経験が必要とされるものもしばしば見受けられます。

一部、実務経験がなくても資格がある人、あるいは資格取得を前提として勉強している人であれば、パートや契約社員といった形で採用されることもあります。

ただし、学校のキャリアカウンセラーは、キャリアコンサルタントやキャリアカウンセラーの資格ではなく、心理学分野の専門家としてみなされる「臨床心理士」の資格が必要とされるケースもあるため、注意が必要です。

臨床心理士の仕事