キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)にとって大事なこと

価値観を押し付けない

キャリアカウンセリング(キャリアコンサルティング)の目的は、それを通して、相談者自身の中にある「気付き」を引き出すことです。

相談者は、キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)と話すことによって迷いや悩みが整理されていき、自ら前に進むことができるようになる。これが理想です。

そのため、キャリアカウンセラーが一方的に自分の価値観を押し付けたり、「こうしなさい」と指示してはいけません。

相手の価値観や興味関心を尊重し、今相談者がどのような状態にあるのか、どうすれば悩みが解決するのかなどを一緒になって考えていく姿勢こそが、キャリアカウンセラーには求められています。

相手の話をよく聞く

キャリアカウンセラーになる人は「人と接するのが好き」という人が大半ですが、あくまでも相手の話を聞くのがこの仕事の基本だということを忘れてはなりません。

最初は相手の話を聞こうと思っていても、いつの間にかうっかり自分ばかりが喋ってしまったり、相手が本心を話せないような雰囲気を作り出してしまうのは、優秀なカウンセラーとはいえません。

信頼されるカウンセラーは、カウンセリングが終わった後、相談者から「こんなに話すつもりじゃなかったのに!」といわれるくらい、自然に話しやすい空気を作れるといわれています。

この世界でいう「傾聴」というスキルを確実に身につけること。これは簡単なように見えて、じつは難しいことだといわれています。

どんな時でも相談者に寄り添う

キャリアカウンセリングというと、一般的には「進路や仕事探しのお手伝い」と思われがちですが、実際の業務のなかでは、もっと広い意味で「相談者のキャリアを支援する」という意味も存分に含まれてきます。

人は誰しも、生きていく中でさまざまな経験をし、自らの価値観や考え方が形成されていきます。キャリアカウンセラーは、まず相談者のそれを積極的に受け止めることが大切です。

そして「幸せ」は一人ひとり異なるということを理解していなければなりません。

キャリアカウンセラーは一般常識や大体数の意見に惑わされず、目の前の相談者の価値観を理解し、その人がより幸せな人生が送れるにはどうすればいいのかを考えていきます。

さまざまあるカウンセリング手法や知識を学ぶことも大切ですが、「相談者に寄り添う気持ち」こそが、すべての基本となります。