キャリアカウンセラーとキャリアコンサルタントの違い

進学、就職・転職、家庭生活など、人のキャリアを支援する専門家のことを、私たちは広く「キャリアカウンセラー」と呼んでいます。一方で、最近は「キャリアコンサルタント」という名称もしばしば見受けられるようになってきました。

ここでは、両者の違いについて見ていきましょう。

「キャリアコンサルタント」は国家資格

かつて、日本ではキャリアカウンセリングに関する民間資格がたくさん存在しており、それぞれ資格を認定する団体が異なっていました。

そのため、団体によって「キャリアカウンセラー」と名付けていたり、「キャリアコンサルタント」と呼んでいたり、名称がバラバラであったのです。

一方、厚生労働省では、職業名や資格名に関わらず、キャリア形成のサポートをする人のことを統一して「キャリアコンサルタント」と呼んでおり、2016年4月には「キャリアコンサルタント」が国家資格として新たに誕生しました。

これによって、現在キャリアコンサルタントと名乗れるのは、この国家資格の有資格者のみと変わっています。

さまざまな呼ばれ方がなされる場合も

厚生労働省は、キャリアコンサルティングについて、「個人が、その適性や職業経験等に応じて自ら職業生活設計を行い、これに即した職業選択や職業訓練等の職業能力開発を効果的に行うことができるよう個別の希望に応じて実施される相談その他の支援」と定義しています。

しかし、この内容は、世間一般で使われている「キャリアカウンセラー」の仕事とほぼ同義だということがわかるでしょう。

この他にも、人を対象とし、キャリアの相談に乗る人のことを「キャリアアドバイザー」や「生活相談員」といった名称で呼ぶこともあります。

先に挙げた通り、現在キャリアコンサルタントと名乗る場合は、国家資格を持っているということを示すことができますが、キャリアカウンセラーという職種名で仕事をする際には、勤務先によって具体的な仕事内容が異なる場合があります。

そのため、就・転職を考える際は名称に左右されず、仕事内容をよく見るようにすることをおすすめします。