客室乗務員の資格

必要な国家資格はなし

客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)になるには、各航空会社の採用試験を受験して、社員(契約社員)として採用される必要があります。

たとえば医師や弁護士のように、客室乗務員ならではの国家資格が必要なわけではありません。学歴やいくつかの応募資格を満たしていれば、誰でも受験することが可能です。

TOEICの点数が必要な場合も

航空会社によっては、採用試験の応募資格のひとつとして「TOEIC」のスコアを掲げている会社もあります。JALやANAではTOEC600点以上、もしくは同程度の英語力が必要で、証明書類の提示を求められる場合もあります。

外資系航空会社では、さらに高い英語力が要求されるのが一般的で、TOEIC800点や900点を持っている人も多くいます。採用試験を受験する前に、できるだけ英語力を高めて、TOEICを中心に関連する資格を取得しておくのが望ましいでしょう。

また中国語、韓国語など第二外国語の資格まで持っていると、さらに有利になる可能性も高まります。

その他

また、万が一フライト中に体調不良を起こしたお客さまがいれば、客室乗務員が救急措置をしなければなりません。その場に医師のお客さま居合わせるとは限らないためです。

基礎的な救急措置方法は訓練で学びますが、赤十字救急法救急員資格など医療や看護系の資格を持っていると、就職の際に有利になると言われています。

そのほか持っているほうが有利になるとされている資格には、手話検定や秘書検定などがあります。また機内ではワインのサービスもあるため、きちんとしたワインの知識を持ってお客さまにお勧めできるよう、ソムリエの資格を取得する人もいます。