客室乗務員の悩み

休日が不定期

客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)は土日祝日を含めたシフト制の勤務になるため、休日も決まった曜日になるわけではありません。国際線の長距離フライトを終えると、翌日から3日程度の連休が入ることもあります。

他業種よりも1ヵ月の休日は多くなるのが一般的なので、プライベートの時間を確保することはできるはずです。しかし、このような不規則な勤務時間と休日になるため、友達や恋人などと休みを合わせるのが難しいという悩みを持つ人もいます。

人間関係の構築

最近では、男性の客室乗務員を採用する航空会社もありますが、それでもまだ女社会であることには間違いありません。なかには、女性同士の人間関係で悩みを抱える人もいるようです。

特にこの仕事ではチームプレーが大切にされるため、強い個性を出すよりも、みんなと協力して働こうという姿勢が必要になります。協調性が求められる仕事な分、人間関係の構築には気を遣う必要があると言えそうです。

足腰の痛み

客室乗務員は立ち仕事のため、どうしても足や腰への負担が高まります。機内ではハイヒールを履くため、足にマメができてしまうこともあるそうです。これは「職業病」と言うしかないため、休日を使ってしっかり身体のケアに勤しむ必要がありそうです。