エアラインスクール・専門学校で学ぶこと

仕事・会社について知る

どのエアラインスクール・専門学校でも必ず学ぶことは、航空業界の歴史や各航空会社の特徴、航空機の機種、飛行理論など、航空業界の一員として働くうえで必ず知っておきたい基礎的な知識です。

また、近年急激な変化が目立つ航空業界の現状や今後の展望を見据えながら、客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)に求められる役割についても考えていきます。

さらに機内実務を通じて、実際に客室乗務員がどのようなサービスを行うのかを体験し、業務で必要な言葉遣いや立ち振る舞い方、おもてなしの心を養っていきます。

自分自身を見つめ直す

なぜ客室乗務員を目指すのか、どのような客室乗務員になりたいのかなど、いわゆる「自己分析」を行って自分自身の人生を振り返りながら、今後の生き方をしっかりと考えていきます。

こういった時間は、明確な自己PRや志望動機を作るうえで欠かせないものです。

また、客室乗務員は「他人(お客さま)からどう見られるか?」に気を配らなければなりません。そのため、第一印象を良くするための雰囲気づくりや、客室乗務員としてふさわしい身だしなみ、発声方法、ヘアメイクレッスンなども行われます。

就職試験対策

各航空会社の就職試験受験に向けた対策です。具体的には以下のようなことを学びます。

・エントリーシートの書き方
・グループディスカッション
・一般教養、時事問題
・ビジネスマナー
・観光地理
・手話
・エアライン英語(+中国語や韓国語)
・面接模擬練習

とくに、就職試験では面接重視の会社が多いため、その対策に力を入れているスクールが多いようです。

各スクール・学校の特徴はさまざま

たとえばANAエアラインスクールの場合、ANA機内食工場見学やANA訓練センター施設での体験授業など、航空会社系列のスクールだからこそのプログラムも用意されています。

一方、「2年制」などある程度長い時間をかけて通うことが多い専門学校の場合、一つひとつのことについて時間をかけてじっくりと勉強していくことができたり、海外研修が用意されていることもあります。

どのような学校が合うかは、自らの年齢や状況(高校卒業後にすぐ通いたいのか、もしくは社会人として働きながら通いたいのかなど)によっても異なるといえますので、カリキュラムや校風を見比べながら検討すると良いでしょう。