バリスタへの転職、未経験採用

バリスタへの転職は可能?

それまで別の仕事をしていた人がバリスタになりたいと思った場合、どのように動けばよいのでしょうか。

バリスタは、なるために絶対に必要とされる資格はありません。特別な学校を出ていなければ就けない職業でもないため、どんな人でも思い立ったら即バリスタになることは不可能ではないとえいます。

しかし、一人前のバリスタとして活躍するには、コーヒー豆の知識やエスプレッソの抽出技術をはじめ、さまざまなことを勉強しなくてはなりません。

専門的な知識や技術が求められる職人的要素の強い仕事といった面もあるため、いきなり転職して成功するのは決して簡単なことではないのは確かです。

未経験から採用されたい場合

バリスタを目指すにあたって、専門学校やスクールに通って基礎から学ぶ人もいれば、いきなり店舗で働きながら腕を磨いていく人もいます。

専門学校やスクールのなかには、社会人向けに夜間や週末に開講されるコースを置くところもあるため、現在の仕事を続けながらバリスタに必要な基礎スキルを学ぶことは可能です。

店舗によっては、未経験者でもバリスタ志望者を採用するところもあります。

しかし、雇用形態は正社員ではなく、アルバイトからスタートとなる場合もあるため、注意が必要です。

未経験からの就職を考える場合、飲食業界での勤務経験があれば優遇されることもあるようです。

どのようなバリスタになりたいのか

日本でも「バリスタ」という職業はすっかり定着しましたが、その言葉が必ずしも本当の意味で使われないこともあるため、その点には気を付けておいたほうがよいでしょう。

たとえば、一部のカフェなどでは、とくにエスプレッソの抽出技術を持たない、いち店員、いちスタッフまで含めてバリスタと呼ぶこともあるようです。

一方、世界大会で入賞するような著名なバリスタが在籍し、高い技術力をウリにする店舗もあります。

バリスタに対する考え方は店によっても異なり、そこで求められる技術や提供するサービスも異なってきます。

自分がどのようなバリスタになりたいのかを考えて、そこに向かって必要な知識や技術を習得することが大切だといえるでしょう。