バリスタの1日のスケジュール・勤務時間や休日についても解説

バリスタの業務スケジュール

バリスタの業務スケジュールは勤務先によって異なります。

コーヒーを中心とするドリンクにデザート・軽食のみを提供するカフェのような店であれば、朝から夕方あるいは夜の比較的早めの時間までといったような、日中時間帯を中心とした勤務が一般的です。

一方、営業時間の長いカフェや、ディナー営業もあるレストラン、夕方以降にアルコールを提供するバールなどでは、深夜近くまで営業することもあります。

その場合、バリスタの働き方は「早番」「遅番」といった交代制勤務になることが多いでしょう。

人気店や大きな店では何人ものバリスタが在籍しているケースが珍しくありませんが、「オーナー兼バリスタ」として働くような個人店では、営業日は毎日、開店から閉店まで一人のバリスタがドリンク作りや接客を行うこともあります。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

バールやカフェで働くバリスタの1日

店舗に所属し、正社員やアルバイトとして働くバリスタのある1日の過ごし方を紹介します。

8:30 出勤
この日は開店準備から入る「早番」での勤務です。出勤後は制服に着替え、レジの金銭チェックなどを行います。

お客さまに心地よく過ごしてもらえるよう、店頭と店内の清掃も欠かせません。

9:00 開店準備
販売する焼き菓子などを店頭に並べます。
9:15 エスプレッソマシンの調整
その日の豆の状態などからエスプレッソマシンを細かく調整して、味を決めていきます。
9:30 開店
お客さま一人ひとりに丁寧に対応しながら、注文いただいたドリンクを作ります。
12:00 ランチタイムのピーク
近所の企業に勤める会社員の来店が増え、1日で最も忙しい時間帯となります。

豆の補充など準備を万全にし、忙しい中でもミスのないように接客を行います。

バリスタは、平常時はカウンター内で1人で接客をすることが多いですが、休日の忙しい日やピークタイムには2~3人のバリスタが一緒にカウンターに入ることもあります。

13:00 休憩
休憩時は自分でコーヒーを淹れて飲むか、近所のカフェをリサーチしに行くこともあります。
14:00 業務開始
客足が減っている時間帯は、接客をしながら新しい豆の味や抽出法などを研究します。
17:30 夕方のピークタイム
仕事を終えたサラリーマンなどが一息つきにやってくる時間帯なので、回転率も高く、かなり忙しくコーヒーを淹れていく時間帯です。
18:00 引き継ぎ
遅番のスタッフに引き継ぎを行い、勤務終了です。

勤務する店舗により勤務時間は異なりますが、基本的には仕事内容は一緒です。

独立開業したバリスタのある1日

自らの店を持ち、経営者としての役割も担うバリスタのある1日の過ごし方を紹介します。

11:30 出勤
開店時間をランチタイムに設定しているため、朝は少しゆっくりめの出勤です。
12:00 開店
常連のお客さまが多いため、新しい豆の情報を紹介したり、お客さまの好みの味に沿ったコーヒーを提供します。

お客さまが望めば、ゆっくりと会話を楽しむこともあります。

12:30 ランチタイムのピーク
軽食も用意しているため、気軽なランチ目的で来店されるお客さまもいます。
また、食後の1杯を求めていらっしゃる方もいます。
13:00 合間をぬって休憩
ランチタイムが過ぎると店内は落ち着くことが多いため、お客さまがいない時間帯に軽く食事をしたり、休憩をとります。
15:00 店の掃除、店内ディスプレイの変更
自分の店であるだけに、どのようなインテリアや雑貨を置くかを考えていくことも、オーナーバリスタとして働く楽しみです。
店の周辺を掃除したり、花を植えてみたり、季節に応じて理想の店舗イメージを作っていきます。
17:00 新メニューの試作
接客を行いながら、新メニューを考えたり試作を行うこともあります。

お客さまに飽きられないための工夫は欠かせません。

18:30 休憩
夜のピークに備えて再び軽く休憩をとります。
20:00 仕事を終えた常連客が来店
会社勤めの常連さんが多くいらっしゃる時間帯です。

この時間帯はアルコールも提供しており、おいしいドリンクと楽しい会話で1日の疲れを癒やしてもらいます。

22:00 閉店
売上伝票の整理、清掃などを終えてから帰宅します。

バリスタの勤務時間

バリスタはカフェやバールなどで働くことがほとんどであり、多くの場合は「シフト制」で働くことになるでしょう。

営業時間は店舗によって異なりますが、コーヒーを中心とするドリンクにデザート・軽食のみを提供するカフェであれば、朝から夕方までといったような日中時間帯の営業が一般的です。

一方、チェーン店や夕方以降にアルコールを提供するレストラン・バール業態の店では、朝7時頃から深夜近くまで営業する店もあります。

その場合は「早番」「遅番」といった2交代制をとっている職場が多いようです。

ただし、開店前の仕込みや準備作業、閉店後の清掃や片付けなども含めると、1日に10時間以上の拘束時間となる職場も珍しくはありません。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

バリスタの休日

バリスタがフルタイムで働く場合には、他のサービス業や飲食店と同じく、週に1日~2日程度、月に6日~8日の休日というところが多いようです。

カフェはレストランほど時期によって客足が左右されないといわれていますが、たとえばオフィス街のカフェはお盆期間中にお客さんが減るなど、立地条件によっては繁忙期・閑散期も存在します。

定休日を設けている店ではその日に休むことになりますが、都市部では年中無休の店も多く、その場合は複数のスタッフが交代で休みをとることになります。

最近では週休2日をとれる職場も以前よりも増えてきているとされますが、週末など、お客さまが増える日には休日出勤を求められることもあります。

あまり忙しくない時期には連休をとることも可能ですが、中には「休みが少ない」「勤務時間が長い」といった不満を持つ人もいるようです。

自分で勤務サイクルや休日をコントロールしたいのならば、やはり独立開業するのが一番かもしれません。

とはいえ、お客さまに飽きられない店を作り、存続させるのは簡単なことではありません。

開業後は、売上管理や新メニューの開発、営業時間前後の仕込みや片付けなど、雇われで働いているとき以上に忙しくなる可能性もあります。

もっとも、自分の店を持つような人は「心からコーヒーが好き」であるため、寝食を忘れて働いても幸せと考える人が少なくないようです。

バリスタの残業

バリスタが働く店ではたいてい営業時間が決められているため、決まった時間帯で仕事をすることができます。

ただし、日によってお客さまが閉店時間ギリギリまで残っていることもあるため、ある程度の残業が発生することは念頭に置いておいたほうがよいでしょう。

また、修業中には閉店後に上手にエスプレッソを淹れるための練習をしたり、先輩よりも早く出勤して準備作業などを行わなくてはならないこともあります。

なお、バリスタが夜勤をすることはあまり多くありませんが、アルコールを提供する店では任される仕事内容によって、深夜の時間帯にも仕事をする可能性があります。

バリスタは忙しい? 激務?

カフェはレストランほど時期によって客足が左右されないといわれていますが、たとえばオフィス街のカフェはお盆期間中にお客さんが減るなど、立地条件によっては繁忙期・閑散期も存在します。

あまり忙しくない時期には連休をとることも可能ですが、逆に多くのお客さまが訪れる日は、何時間もまったく休憩をとれないような状態で働き続けることもあるかもしれません。

人気店ほど多くのお客さまが来店されるため、激務になりがちです。

しかし、忙しい店では多くのスタッフが一緒に働くケースが一般的であり、お互いに協力しながら働けることは魅力だといえるでしょう。

バリスタの休日の過ごし方

バリスタになる人は、当然ながらコーヒーに強いこだわりがあります。一般の人と比べて、何倍もの量のコーヒーを飲んでいることでしょう。

休日であったとしても、買い物の最中に新しいカフェなどができていれば、迷わずコーヒーの味を確かめたくなります。

その土地や環境・雰囲気のなかでコーヒーを楽しむことが、バリスタの休日の喜びのひとつです。

そして「ここのコーヒーがおいしいのはなぜだろう?」「この価格でコレだけのクオリティのコーヒーが提供できるなんて!」など、お店のこだわりや経営状況を思わず分析してしまいます。

また、お店で購入できないコーヒー豆や見たことのないコーヒー豆は、できるだけ試すようにしている人も多いようです。