バリスタの求人・就職状況・就職先選びのポイント

バリスタの就職先にはどんなところがある?

バリスタの代表的な就職先としては、「バール」や「カフェ・レストラン」が挙げられます。

近年の日本では、本場イタリアのバールと同じような雰囲気・コンセプトのイタリアンバールも増えてきました。

バールで働くバリスタは、お客さまの注文を受けて、エスプレッソマシンを用いたドリンクを中心に、さまざまな種類のドリンクを作り、提供します。

また酒類も扱うことが多いのが特徴です。

イタリアンバール系の店では、立ち飲みのスペースを設けているところもあり、お客さまとの会話を楽しみながら上質なサービスをすることが求められます。

また、カフェやレストランでも、バリスタの資格やスキルを持つ人が活躍できる場が増えています。

とくにエスプレッソやこだわりのコーヒーをウリにしている店では、バリスタの大会で入賞経験があるなど、有名なバリスタが活躍しているケースも見られます。

バリスタの求人の状況

バリスタの求人募集は比較的多く見られます。

また、バリスタのおもな勤務先となるカフェやレストランなどは、全国のどの地域にも存在するため、幅広い地域で働ける可能性がある職業だといえます。

雇用形態は正社員はもちろん、パート・アルバイトなどとして働く人も多数います。

フルタイムでみっちりバリスタとしての修業を積みたい人から、プライベートと両立させて無理なく働きたい人まで、さまざまな希望に沿う求人が見つかるでしょう。

ただし、有名なバリスタが在籍していたり、店舗自体の知名度が高い人気店は働きたいと考える人も多く、なかなか新しい求人が出なかったり、採用試験の倍率が高くなりがちです。

バリスタの就職先の選び方

ひとくちに「バリスタ」といっても、たとえば安価な商品をウリに多くの顧客を集める大手チェーンのカフェと、こだわりの一杯を求めて来店する人をターゲットにした本物志向の個人店では、働き方や業務の進め方が異なることが多いため、注意が必要です。

また、いわゆるカフェ店員を格好よく見せるために「バリスタ」と呼んでいるケースもあり、必ずしもエスプレッソマシンを扱えるとは限りません。

求人内容をよく確認して、疑問点や不安な点は事前に確認しておくとよいでしょう。

大手コーヒーチェーンの場合、基本的に1から10までマニュアルが存在し、そのマニュアルに従って動くことになります。

また、コーヒーやドリンクの種類が限られており、複雑な知識を要求されないため、本格的なバリスタを目指す人にはあまり適していないといえそうです。

ただし「接客の基礎を身につける」「飲食店の雰囲気を味わう」ということであれば、チェーン店でも学べることは多々あるでしょう。

もし、本格派のバリスタを目指すためにしっかりと修業を積みたいのであれば、バールやコーヒー専門店など、バリスタの存在をウリにする店を探すとよいでしょう。

コンクール受賞実績があるバリスタがいるような店舗であれば、非常に多くのことが学べるはずです。

しかし、その分、アルバイト・パートであっても採用基準が厳しめであったり、仕事はハードになることも考えられます。

バリスタの志望動機・面接

バリスタを目指す人の多くが、もともと「コーヒーが好き」というところからスタートしています。

そこから豆の種類や焙煎方法、抽出方法による味の違いに興味を持ち、コーヒーの奥深さに魅了され、どんどんのめりこんでバリスタを目指し始めたということが多いようです。

また、おいしいコーヒーが飲めるお気に入りの店があり、そこで活躍するバリスタの姿を見ているうちに「自分もこんな風になりたい!」と憧れてバリスタを目指す人も少なくありません。

バリスタは専門的な知識・技術が求められる技術職であり、最初は誰でも何もできないところからのスタートです。

だからこそ、バリスタとして豊富な経験を積んできた人は別ですが、これからバリスタとして頑張ろうと考えている場合、面接時には現在の実力やスキルよりもバリスタとして本気で努力する姿勢があるかや、目指すバリスタ像が明確になっているかなどが重視されることが多いようです。

就職先はどのように探したらいい?

もしあなたが本場のバリスタ的な働き方をしたいのであれば、実績あるバリスタが在籍している店や、エスプレッソにこだわりを持つ店を選ぶほうがよいでしょう。

そういった店では、ホームページに自店のこだわりやバリスタのプロフィール紹介などが掲載されていることも多くあります。

採用情報は一般的な求人サイトにも多く出ていますし、各店舗のホームページに載っている場合もあります。

また、比較的小さな店では、店舗内にのみ「スタッフ募集」といった張り紙が出されることもあるため、お気に入りの店があれば直接足を運んで探してみるのもよいでしょう。

求人が一般公開されていなくても、「どうしてもこの店で働きたい!」という思いがある場合には、店のオーナーや店長に直接問い合わせてみる人もいるようです。