バリスタになるには

コーヒーに対する深い知識と技術を持つばかりでなく、「接客のプロ」でもあるバリスタですが、いま第一線で活躍するバリスタの経歴はさまざまです。

バリスタになるためのルートは、どのような場所で働きたいのかによっても変わってきますが、ここでは3つの方法をご紹介します。

1.専門学校やスクールに通う
2.さまざまな店舗で修行をする
3.海外で修行する

1.専門学校やスクールに通う

まったくの未経験からスタートする場合は、まず専門学校に通う人が多いようです。専門学校ではコーヒーの基礎はもちろん、バリスタとしてあるべき姿などまで学ぶことができます。

最近では、人気のラテアートを学べる学校も増えています。

カフェの経営を学ぶことに主眼を置いた学校もあるため、独立開業を目指している人は、そういった学部・学科を選ぶのも一つです。

ただし、いきなり開業は難しいため、技術を磨くためにも何年か現場で修行したほうがよいでしょう。

専門学校の場合、2年制の学校が多く、週に5日間フルで通うカリキュラムが基本となっていますが、中には夜間制の学校や、週に3日程度の通学でOKな学校など、選択肢はさまざまあります。

民間のカルチャースクールなどでも、バリスタの講座は開講されています。専門学校よりも授業時間は少なくなりますが、気軽に学びたいという人は、こういったスクールを選ぶこともあるようです。

これらの学校を出たのち、店舗でバリスタとして経験を積んでいくのが代表的な方法です。

2.さまざまな店舗で修行をする

雇ってくれる店さえ見つかれば、学校に通わずとも最初から現場で修行を積んでいくことも可能です。バリスタが経営する店舗に就職したり、バールやカフェの「バリスタ見習い」として働きながら、スキルアップを目指します。

一流のバリスタを目指すのであれば、それなりにコーヒーに力を入れている店や、技術力のあるバリスタがいる店を選ぶほうが望ましいです。

中には「バリスタ募集」と掲げていても、ただマニュアル通りにドリンクを作るだけの仕事ということもあるため、注意が必要です。

また、最終的に独立開業を目指すのであれば、チェーン店、個人店問わずしっかりと経営方針を定めておくことが大切です。働いているうちから、どのような経営判断をするべきかシミュレーションしておくとよいでしょう。

3.海外で修行する

現在、日本で一流のバリスタとして独立して成功をおさめている方の多くは、海外のコーヒーショップやバールなどで修行をしています。

やはり、本場でのエスプレッソの技術や思いは教科書や口頭だけではわからない部分があります。

そのため、海外の有名店で修行し、そこで手に入れた技術を持ち帰り日本で独立開業をするケースもあります。

ただし、何もわからない状態で現地に飛び込むよりも、スクールや独学である程度の知識を得てから海外へ行くほうがベターとされています。

どの方法でも、努力次第でバリスタにはなることができますが、自分の将来目指すバリスタのスタイルに合わせた方法を考えていくことが、一流のバリスタになる近道になるでしょう。