バレリーナに向いている人、適性、資質

バレリーナに必要な資質について

 
バレリーナに向いている性格は、毎日コツコツと基礎練習を続けることのできる強靭な意志を持った人です。

また、振り付けから要求されることに対しての柔軟な理解力とそれを表現する為の芸術的センスを持っている人です。

そして必要とされる資質には身体的条件もあります。バレエのテクニックを身につけるためには、柔軟性、瞬発力のある強靭な筋肉と、
歪みのない骨格が必要です。

国内で職業としてのバレリーナを目指すことの難しさ

 
海外のバレエ学校では、そのような資質を持った生徒だけが入学を許されますが、日本では誰でもバレエを勉強し、バレリーナを目指すことができます。

ということは、反対に考えれば、どの国よりも厳しい現実ということも言えます。日本において生徒はお客さまの立場だからです。

海外のバレエ学校では、国が教育のための資金を出しますので、月謝も必要ありませんし、レッスンに必要なレオタード、タイツ、バレエシューズ、トウシューズもすべて支給されます。

そのため、甘い考えでバレエに取り組む生徒はいませんし、全員が職業としてのダンサーを目指しています。

日本では個人が月謝を払い、必要なものを買わなくてはなりません。そして一緒にレッスンしている人は全員がバレリーナを目指しているわけではありません。

そういう状況の中で、自分の意思を貫き、バレリーナを目指すことはとても困難です。バレエを踊るのが好きだからという気持ちだけでは、困難を乗り越えられないような状況になることもあります。

それを乗り越えられるだけの強い意志の力のある人がバレリーナに向いている人ということになるのではないでしょうか。

訓練を続けること

身体能力が低い、または体の条件が悪いと感じていても、適正な訓練を続けることによって、ある程度克服し、バレリーナになることは決して不可能なことではありません。

ただし、その為には、良い教師のもとで勉強することが絶対条件です。絶対にやり遂げよう!という強い意志を持って毎日のレッスンに取り組みましょう。