バレリーナの大変なこと、苦労

厳しい体調管理

 
バレリーナの大変なこと、苦労と言えば体調管理があげられます。健康な状態を維持することはもちろん、体重の管理もしなくてはなりません。

そのためには十分な栄養を摂取しながら、体重が増えないようにすることが肝心です。

また、舞台やリハーサルには、絶対に穴をあけられないので、どんなことがあっても参加できるよう、体調を管理しなくてはなりません。11月から3月にかけては、風邪をひいていなくてもマスクをして風邪をひかないように注意したり、筋肉を冷やさないように気をつけたりもします。

バレリーナになってバレエ団の公演活動に参加し、舞台出演が続くと、筋肉が披露するので、筋肉の疲れをためないように、マッサージやピラティスに行く必要があります。

リハーサル、舞台を休めない

プロフェッショナルなバレリーナを目指す多くの中学生、高校生は夏休みなどにリハーサルが入っている場合、家族旅行に参加するのをあきらめたり、友人と遊びに行けなかったりします。それは、もしリハーサルに穴をあけたら舞台の質が下がってしまうことを解っているからです。

シーズンごとに契約するバレエ団の場合、契約時より体重が増えたり、リハーサルに参加しなかったり、病気で舞台に穴をあけたりすると、どんなにテクニックのあるダンサーでも、契約を更新してもらえない場合や、シーズン中でも解雇されることがあります。

チケットのノルマ

 
日本国内においては、チケットを売ることが最も大変なことと言えるかもしれません。

友人知人にも限りがありますし、舞台の数が増えれば、毎月のようにチケットを売らなくてはなりません。

海外の有名なバレエ雑誌にもこの驚くべき日本の状況、チケットノルマがあることや、発表会で女子生徒が男性ダンサーに出演料を支払わなければならない場合が多いことなどについての記事が発表されたりもしています。

日本においてのバレリーナは、経済的な苦労が絶えないでしょう。