ベビーシッターのやりがい

子どもと触れ合い、成長の手助けができる

ベビーシッターは、下は乳児から上は小学生まで、保護者に代わって子どもの世話をする仕事です。

毎日、仕事を通じて個性も成長段階も異なる子どもと接することになりますから、「子どもが好き!」「子どもと一緒にいると元気になれる!」という人にとっては、とても楽しく、イキイキと働けるはずです。

ちなみに、ベビーシッターは幼稚園や保育園などの「集団保育」とは異なり、一般的に1人あるいは2人の子どもの面倒をみることになります。

そのため、子どもとより深く関わることができ、その成長をじっくりと見守れることが、この仕事の特徴です。

単発で1日や短期間だけシッターをすることもありますが、お客さまによっては、何年も同じ子どもの世話をすることもあります。

最初は言葉も話せなかったような小さな子でも、だんだんできなったことができるようになったり、成長していく姿を見ると、まるで我が子の成長を見ているようなうれしい気持ちになります。

人に頼りにされたり、感謝される

人と人のコミュニケーションで成り立つベビーシッターの仕事。自分ががんばって働くことで、たくさんの人を笑顔にし、「ありがとう」と言ってもらうことができます。

産後間もなく体調がすぐれないお母さん、共働きで仕事をがんばっている夫婦など、たくさんの人がさまざまな理由でベビーシッターを必要としています。

きちんと仕事をこなしていれば、お客さまとなる保護者から「また次もお願いします」と言われることがあるでしょう。

また、最初はよそよそしくしていた子どもが懐いてきたり、甘えてくれるようになると、「自分は頼られているんだな」という気持ちになって、ますますやる気がわいてきます。

言われたことをきちんとこなすのはもちろんですが、相手が望むことを敏感に察知してすぐ行動に移せるなど気の利く人であれば、たくさんのお客さまから信頼されるでしょう。

ベビーシッターの需要は高まっていますから、自分のがんばり次第で、指名客であふれる人気ベビーシッターになることも夢ではありません。