ベビーシッターの勤務時間、労働時間、休日

依頼によって労働時間は異なる

ベビーシッターは、託児ルームや企業内の託児所などに正社員として勤める人もいますが、ベビーシッターサービスを提供する会社に派遣社員として登録したり、アルバイト・パートとして契約を結び、お客さまの依頼に応じて仕事をするという人もかなり多くいます。

正社員の場合は、施設によって異なりますが、だいたい9時〜18時という一般的な日勤の形で働くことになります。

一方、派遣やアルバイト・パートの場合は、お客さまの都合によって、働く時間帯や労働時間がだいぶ異なってきます。

お客さまは、「1日のうち数時間だけ子どものお世話をお願いしたい」「○曜日と△曜日だけ来てほしい」といったような、さまざまなニーズを抱えています。

また「特定の日だけ子どもを預かってもらいたい」というニーズで、スポット的にベビーシッターを利用することもあります。

このような理由から、派遣やアルバイト・パートとして働くベビーシッターは、午前中の数時間だけ働く人もいれば、夕方の保育園へのお迎えから夜の寝かしつけまで働くといった人もいます。

また、月曜日はAさんのお宅、火曜日はBさんのお宅…といったように、毎日違うお客さまの元で働く場合もあります。

1つのご家庭(お客さま)での仕事が2〜3時間程度で終わる場合、1日に複数の案件を掛け持ちする人も多いようです。

休日もお客さまの都合と自分次第

ベビーシッター派遣会社に登録して働く場合は、基本的に自分の希望する勤務条件を会社に伝えることができます。つまり、いつ休みをとるかも自分次第となります。

「ベビーシッターの仕事だけで生活したいからガッツリ働く」という人もいますし、「学校に通っているので週に2〜3日だけ働く」あるいは「平日は別の仕事をしているので、週末だけベビーシッターとして働く」という人もいます。

フルタイムの場合、企業勤務であれば土日祝日は休みになることが多いですが、イベント会場などでは平日休みであったり、シフト制でスタッフが交代で休みをとるようなこともあります。

人によって、労働時間も休日も異なるというのが、ベビーシッターの仕事の特徴です。