アスレティックトレーナーになるために勉強すること

日本体育協会認定「養成講習会」について

アスレティックトレーナーになるためには「日本体育協会(JASA)」の「アスレティックトレーナー(AT)」という民間資格を取得するのが一般的ではないでしょうか。

そのためには指定の「養成講習会」を受講するか、適応コース承認校(スポーツ指導者養成講習会免除適応コース承認校)を卒業する必要があります。

また日本体育協会のサイトには「養成講習会」の履修科目があげられており、ATになるために勉強するべきことであると考えられますので、くわしくみていきましょう。

日本体育協会認定「養成講習会」の共通科目

日本体育協会はさまざまな「公認スポーツ指導者」を養成しています。

そのなかで「アスレティックトレーナー」は「メディカル・コンディショニング資格」に分類されますが、スポーツ指導者として必要な知識はスポーツ医科学全般であり、多岐にわたっているといえるでしょう。

学問分野は

・スポーツ医学
・スポーツ栄養学
・スポーツ教育学
・スポーツ経済学
・スポーツ経営学
・スポーツ史学
・スポーツ社会学
・スポーツ心理学
・スポーツバイオメカ二クス
・スポーツ法学
・スポーツ工学

があります。

具体的な科目としては

・指導者の役割
・スポーツの心理
・トレーニング論
・身体のしくみと働き
・スポーツ指導者に必要な医学的知識
・アスリートの栄養・食事

などがあります。

日本体育協会認定「養成講習会」の専門科目

アスレティックトレーナーの「養成講習会」の専門科目は、スポーツ医科学の基礎をふまえたアスレティックトレーナーならではの専門知識であるといえるでしょう。

具体的には

・アスレティックトレーナーの役割
・スポーツ科学
・運動器の解剖と機能
・スポーツ外傷・障害の基礎知識
・健康管理とスポーツ医学
・検査・測定と評価
・予防とコンディショニング
・アスレティックリハビリテーション
・救急処置
・スポーツと栄養
・現場実習

です。

アスレティックトレーナーになるために学ぶべき知識はたくさんありますが、実際に仕事をする現場では判断力やコミュニケーション能力などが重要になるかもしれません。

受験対策の勉強ばかりではなく、現場実習などで知識にもとづいた技術を活かす方法を身につける必要があるでしょう。