回答者:ほたるさん(女性/40歳)

職業名:幼稚園 教諭 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:5年

仕事内容
園児総数380くらいの規模の園でした。

朝、7時半には出勤し、園庭の掃除からはじまります。

一クラス一人担任でした。

ひとりひとりの園児と向き合いながらクラスとしてまとめていくことになります。

元々、工作などの手作業が好きであったり、ピアノを習っていたり、物語などの本が好きであったことがきっかけとなり、幼児教育科を目指しました。
仕事のやりがい
子どもは単純にとてもかわいいです。

大半の子にとって初めての先生であり、人生の一部分を築くお手伝いができることはとてもやりがいのある仕事です。

話もよく伝わらないカタコト宇宙人のような年少組からもうすぐ小学校の年長組までの3年はとても成長著しく、それを目の当たりにできて面白いです。
覚悟しておいた方がいいこと
朝早いこと、お弁当の手作り。

工作系の仕事や書き物など、家に持って帰ってやらなければ間に合わないことも多いです。

子どもたちとの関わりだけでなく、親御さんとの関わり、女性の多い年功序列の職場ですので、先生同士の関わりなど、人間を扱う難しさがあります。
給料・待遇
短大卒で手取り18万位でした。

毎年、1万アップくらいでした。

ボーナスは夏冬二回2ヶ月分くらいでしたが、周りの幼稚園教諭の友人にくらべるとかなり良い方だったと思います。

父母の方から学年末にメッセージやプレゼントを頂いたりしました。
この職業の恋愛・結婚事情
女性の多い職場ですので、結婚または、妊娠で辞めるという人が多いです。

男性の多い職場(自衛官とか)の方との合コンなどが多かったように思います。

いつ何時、園児親子に遭遇するかわからないので、休みの日のデートなどにも若干注意が必要かと思います。
この職業を目指す人へのメッセージ
とてもやりがいのある素敵な仕事であると思いますが、人の命を預かっている、かなり責任の重い仕事でもあります。

対人なので予想外のことがたくさんあります。

それを楽しむことができたら良いのかなと思います。

待機児童問題が少しでも解消されるよう、がんばってください!