Webメディア企業の種類

ひとくちに「Webメディア」といっても、Webメディアはそのコンテンツの内容や特徴などによって、複数のものに分けることができます。

ここでは、Webメディア企業の種類について、おもに扱っているWebメディアの種類ごとに紹介していきたいと思います。

1次メディア

「1次メディア」とは、自社内に編集部としての機能を持ち、記事の発信元となるメディアを指します。

ファッション系メディア、生活情報系メディア、芸能系メディアなど、雑誌同様に多数のジャンルがあります。

以下に掲げる「ポータルメディア」や「キュレーションメディア」などは、1次メディアの記事を基に成り立っています。

2次メディア(ポータルサイト)

自社で記事を発信する「1次メディア」が作成した記事を表示するメディアが「2次メディア」です。

有名なYahoo!ニュースのほか、livedoorニュース、excite、ニコニコニュースなどがこれにあたります。

キュレーションメディア

「キュレーションメディア」とは、「ライフスタイル」「ファッション」「スポーツ」など、トレンドや特定の切り口で、インターネット上にあるさまざまな情報を選定して公開するメディアです。

SmartNews、Gunosy、Antennaなどがこれにあたります。

バイラルメディア

「バイラルメディア」とは、動画や画像を中心としたブログ形式のニュースサイトを指します。

FacebookやTwitterなどのSNSの情報拡散力を利用し、短期間で爆発的なトラフィック(アクセス数)を集めることを目的としたメディアです。

ソーシャルメディア

「ソーシャルメディア」とは、個人による情報発信や個人間のコミュニケーションを利用した情報流通など、社会的な要素を含んだメディアを指します。

SNSといわれるものの代表であるFacebook、Twitter、LINEなどはこれにあたります。

オウンドメディア

「オウンドメディア(Owned Media)」とは、企業が自社で所有するメディアを指します。

各企業のブランドサイトやキャンペーンサイトなどがこれにあたり、自社やサービスなどのオリジナル情報を発信することで、ユーザーとの関係構築を目指します。