Webメディア企業社員に必要な資格、スキル

特別な資格は必要ない

Webメディア企業で働くうえで、あるいはWebメディア企業に就職するために、絶対に必要とされる資格はありません。

採用試験で資格を持っていることを問われることはほとんどありませんし、仕事をするうえで必要になる知識やスキルも、仕事をしたり自分で勉強をしたりしながら身につけることができます。

企業によっては会社が独自の研修制度を設けており、勉強をサポートしてくれるようなこともあります。

もちろん、Webに関する知識を事前に持っていれば仕事に役立たせることはできますが、ないからといってさほど心配することはないでしょう。

関連する資格はいろいろ

Webメディア企業社員の仕事に関連するWeb系の資格はさまざまあります。

取得必須ではなくても、以下のような資格を持っていることで、より知識が深まって仕事がしやすくなることはあるかもしれません。

・Webリテラシー試験
・Webディレクター試験
・Webデザイナー試験
・Webアナリスト検定
・Google Partner認定試験
・ネットマーケティング検定
・ITパスポート試験
・Webライター技能士検定

Webメディア企業で必要になるスキル

Webメディア企業社員にとって必要なのは、資格以上に、この仕事に向かう情熱や情報に対する感度、発信する力、コミュニケーション能力といったものかもしれません。

これらのことは、仕事を通じて身につく部分もありますが、自分の意識次第でいかようにも高めていくことができるでしょう。

あとは、職種によって具体的に必要なスキルが少しずつ変わってきます。

ライターであれば文章を構成する力が必要ですし、エンジニアであればプログラムを組む力、デザイナーはWebデザインに関するスキルが問われます。

さらにコミュニケーション能力、提案力、マネジメント力などを備えていけば、Webメディア企業で幅広い仕事に携わることができるようになるでしょう。