外資系金融企業社員に特有の職種

IBD部門の仕事

金融企業には、この業界特有の仕事があります。

ここでは、投資銀行の業務内容を例に、特有の職種をいくつかご紹介します。

まず代表的なのは、通称「IBD(Investment Banking Division)」と呼ばれる投資銀行部門でしょう。

顧客となる企業に対して、M&A(合併と買収)や資金調達の提案などをするのが仕事で、企業の価値を高めるためのソリューションを提供するコンサルタントとしての役割を担っています。

経済や経営に関する豊富な知識はもちろんのこと、的確な判断力や情報収集能力が必要とされ、世界中から優秀な人材が集まるといわれている部門でもあります。

業界再編や社会経済の活性化に一役買うことも多いので、こういった分野に興味がある人は非常に刺激的な仕事ができるでしょう。

マーケット部門の仕事

IBD部門と並ぶ代表的なものとして「マーケット部門(セールス・トレーディング)」があり、株式や債券、外国為替などの金融商品の売買の仲介をすることで利益を得ています。

世界の金融市場の開閉時間に合わせて働くことになるので、市場が開いていて取引が行われている時間帯は常に職場に緊張感が漂うことで有名です。

また、同業他社間での顧客の奪い合いが激しいことでも知られており、金融商品の知識だけではなく顧客からの信用を勝ち取るためのプレゼンテーション能力や高いコミュニケーション能力が必須となります。

アセット・マネジメント部門の仕事

「アセット・マネジメント部門」という、顧客のアセット(資産)のマネジメント(管理)を担当する部門もあります。

その名の通り、顧客から預かった資産を金融商品に投資して最適に管理・運用し、その価値を高めていくのが主な業務です。

企業によってはアセット・マネジメント部門だけ切り離して別会社として経営していることもあり、非常に専門性の高い仕事です。

リサーチ部門の仕事

この他には、金融商品に関するリサーチを専門とする「リサーチ部門」もあります。

顧客の金融資産を分析したり金融商品に関する情報提供を行ったりするのが仕事で、他の部門のスタッフの営業活動や顧客サポートを舞台裏から支える重要な存在といってもよいでしょう。