登録販売者の学校、スクール、通信講座

特別な学校に通う必要はなし

登録販売者になるためには、登録販売者の資格を得る必要があります。

かつては、この資格試験を受けるために大学などで薬学の課程を卒業するなどの必要がありましたが、平成27年度試験からは学歴や年齢関係なく、誰でも受験可能となっています。

つまり、特別な大学や専門学校などに通わずとも、試験を受験すること自体は可能です。

しかしながら、登録販売者の試験では医薬品の特性や人体への作用といった専門知識を問う問題が出題されるため、素人がいきなり受験して合格するのは難しいといえるでしょう。

ここでは、効率よく登録販売者の試験に合格するために、専門知識を学べる学校やスクール等について紹介していきます。

専門学校で学ぶ

登録販売者を目指す人向けの学校で最も代表的なのは、医薬系の専門学校です。

ここでは広く医薬業界や医薬品について学ぶことができ、調剤事務や製薬会社への就職など、登録販売者以外の仕事を目指す人も通っています。

なかには登録販売者を養成するための学科・コースを置く学校もあります。

夜間コースや1年制の学校もあるため、働きながら学びたいという人や、比較的短期間で確実に知識を身につけたいという人でも通うことができるでしょう。

大学でいえば、薬科大学や薬学部において医薬品の専門知識を身につけることも可能ですが、これらの大学進学者は、登録販売者よりも業務範囲が広い国家資格の「薬剤師」を目指す人がほとんどです。

独学での勉強も可能

登録販売者試験はまったくの無勉強では合格が難しいですが、独学で合格している人もいます。

過去の出題内容やポイントを解説したテキストが市販されているため、自分で計画立てて学ぶことができる人であれば、合格は決して不可能なことではありません。

それでは少し不安があるという場合は、通信講座を利用していみるのもひとつの方法です。

送られてくるテキストやDVDを使って勉強するほか、添削課題や模擬試験が用意されているものが多いため、市販テキストを使っての勉強よりも計画的に勉強しやすいのではないでしょうか。

通信講座の場合、3ヵ月〜10ヵ月程度でカリキュラムが組まれているものが多いようです。