陶芸家の給料・年収・収入

給料は不安定な傾向に

陶芸家の給料は、決して安定しているとはいえません。

大手の窯元に社員として雇われている場合は毎月15〜20万円前後の固定給をもらうことも可能ですが、それ以外の場合は売り上げによって給料が大きく変わる不安定な生活になるのが一般的です。

年収にすると50万円から300万円ほどになるようです。

師匠のもとで修行をしている見習いの陶芸家の場合、毎月の収入が5万円ほどということも珍しくありません。

ベテランの陶芸家であっても、材料である土や釉薬、窯を使うための光熱費などにたくさんのお金がかかり、焼き上げるときに作品がすべて割れてしまって材料費だけがかかるという失敗もあります。

一生懸命手をかけて作ったものが全然売れないということもあります。

とにかく手間をかけて作ってもなかなか売り上げにつながらないというのが現実なので、この職業だけで生計を立てていくのには相当な実力や経営能力が必要です。

しかし、その一方で、人間国宝に認定されるような素晴らしい腕前の陶芸家の場合は、ひとつの作品に何十万円という高額な値段がつくこともあります。

実力が全ての世界なので、給料に関しても実力次第でピンからキリまでというのが実情のようです。

陶芸教室や体験イベントの報酬

多くの陶芸家が「焼き物作りだけで生計を立てたい」と考えていますが、実際にはそれはとても厳しいことです。

とくに独立して工房を開いている人は、毎月の家賃や光熱費、材料費などを支払いながらこの仕事を続けていくだけで精一杯ということもよくあるのです。

そこで、仕事の合間に陶芸教室を開いて講師をしたり陶芸体験のイベントを開いたりして、生徒から授業料や参加費をもらうという形で副収入を得ている人もいます。

こうしたイベントを行うと、人に教えるということで自分の腕を磨くこともできますし、生徒としてやってきた人がお客さんとして作品を購入してくれることもあるので、陶芸家にとってメリットがあります。

また、それでもどうしても生活が苦しいという場合は、陶芸とは関係のないアルバイトやパートをしながら生活費の足しにしていることもあります。

陶芸家の仕事だけで生活をすることは非常にハードルの高いことなので、道半ばで挫折して他の職業に転職する人も少なくありません。

家族を養いながらこの職業に就く人は、とくに覚悟が必要です。