哲学者の給料、年収、収入

ポスドクはアルバイト必須の場合も

博士課程修了後、任期付きで大学に残り研究を続ける人のことをポストドクター、通称ポスドクといいます。

ポスドクの平均年収は300万円程度とそれほど高くありません。中には500~600万円になる人もいますがごくまれです。

実績がまだない若年者の場合は200万円台ということも珍しくありません。

一般的なサラリーマンの収入には及ばないと考えておいたほうがよいでしょう。

多くのポスドクはアルバイトをしながら生活を支えることになります。中学や高校で非常勤講師を務める人も多いです。

これらの収入を含めてやっと生活ができるようになるというぐらいの覚悟が必要です。

福利厚生、手当はほとんどない

不透明な将来に不安を感じているポスドクが相当数いるのが現状ですが、さらに追い打ちをかけるように待遇がよくない場合もあります。

健康保険や通勤手当などがないケースもあり、ボーナスや昇給も期待しない方が無難です。

年収も年齢も高い教授職

多くの哲学者が目指す大学教授の平均年収は1000万円前後。かなりの高額であると思われるかもしれませんが平均年齢は50代後半です。

それまでは前述のようなある意味不遇の期間が長いため、生涯年収で考えるとそれほどではない場合も少なくありません。

また、研究費が含まれている大学が多く、雑費は自身で負担しなければならないこともざらです。

→→大学教授の給料・年収

講師もしかり

大学の講師の場合、年収も年齢も教授職に比べて下がりますが、それでも平均年収は700万前後、平均年齢は43歳となっています。

講師職に就くのも狭き門であり、需要と供給のバランスが全く取れていないという点がしばしば指摘されています。