高校教師の給料・年収

一般のサラリーマンよりも高い給与

公立の高校教師は公務員なので、各地方自治体のホームページにしっかりと給料は公開されています。

現在教員の平均年齢はまだまだ高く、給与体系が年功序列な部分が多いため、古くから勤めている教員が平均給与を底上げしている現状があります。現在のところ、高校教師の平均月収は約45万円です。

新人の初任給は20万円ほどで、場合によっては民間企業よりも安いでしょう。公立高校の場合、45歳で年収は740万円ほど。一般の企業よりか高く、公務員としての待遇となるため、職が安定しており、福利厚生も充実しています。また、ボーナスも年2回4,5ケ月分支給されています。

高校教師の給料体系は右肩上がりで、勤続年数とともに給料も上がります。しかし、民間企業に多く見受けられるような、インセンティブ、つまり出来高制というものがないため、頑張っている教師とそうでない教師の差が激しいという問題もあります。

また、職業柄残業手当はありません。部活の顧問に対しても給料が支払われることはなく、土日祝日などの休みの日に部活がある場合は1,200円ほど受け取ることができます。つまり、部活の顧問は給与的にはまったく割に合わないと言ってもいいでしょう。

基本給料は年齢と役職によって変わってきますので、副校長や校長になれば、給料はそれだけあがります。また、そのほかにも教育委員会に推薦されるケースもあります。しかしながら、公務員には変わりないのでその時代の景気によって給料は下がりますし、ボーナスも強制的にカットされます。

教育者という仕事がら、この給料が妥当なのかそうでないのかは判断が付きにくいですが、結論からすると一般のサラリーマンと比べて、かなり高めの給与をもらっているのが現実です。

高校教師の平均年収統計

厚生労働省の平成24年度賃金構造基本統計調査によると、高校教師の平均年収は43.6歳で690万円となっています。

・平均年齢:43.6歳
・勤続年数:15年
・労働時間:166時間/月
・超過労働:2時間/月
・給与月額:430,900円
・年間賞与:1,726,100円
・平均年収:6,896,900円

出典:厚生労働省「平成24年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。

高校教師の年収(規模別)

高校教師の平均年収は規模が大きくなるほど高くなっています。公立では公務員の給与規定に従い給与が支払われるため規模の大きさは影響ありませんが、私立学校では学校規模によって給与が変わってくるのかもしれません。

10人〜99人の規模の学校に勤める高校教師の平均年収は624万円、100〜999人は699万円、1,000人以上は778万円となっています。
高校教師の年収(規模別)_24

高校教師の年収(年齢別)

高校教師の年収は、年齢とともに順調に上がっていきます。40代では男性は800万円台に、女性は700万円代になります。男女の年収を比較すると、男性の平均年収が721万円であるのに対して、女性の平均年収は618万円となっており、男性のほうが高い傾向にあります。
高校教師の年収(年齢・男女別)_24

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

勤務時間・休日

勤務時間

勤務先の学校によって異なりますが、授業終了後、部活動の指導を行い、生徒が帰宅した後に事務作業をしなければならないため、勤務時間は長くなりがちです。

休日

土日祝日は基本的に休みとなりますが、部活動の指導や研修などのため、土日に出勤しなければならないことがあります。
夏休みなどの長期休暇のときには、生徒は休みであっても、教師は出勤することになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加