テニス選手のやりがい

試合に勝ってポイントと賞金を獲得すること

テニス選手にとってのやりがいは、まず、試合に勝つことです。選手ですから、試合に勝ってうれいいのは当然ですが、テニス選手の場合、その勝利が、ランキングと収入のアップに直接結びつきます。

日本テニス協会に申請して、プロ選手と認められても、収入が保障されているわけではありません。収入を得るには、大会に出場して勝ち、賞金を獲得する必要があります。

また、勝つことでポイントを獲得すれば、ランキングも上がっていきます。ランキングが上がれば、賞金総額のより大きな大会に出場できます。

ランキングをあげて国際ツアー大会に出場すること

男子のテニス大会は、賞金の規模などによって6段階のカテゴリーに分けられています。最上位の大会が全豪・全仏・全英・全米の四大大会で、上位4段階までが、ATP(男子プロテニス協会)の主催するツアー公式戦です。

毎週、世界各地のどこかでATPのツアー公式戦が開催されています。しかし、これらの大会に常に出場できるのは、世界に約2000人いるプロ選手の中でも100人ほどにすぎません。

世界ランキングで100〜300位くらいの選手は、5段階目となる「ATPチャレンジャーツアー」と呼ばれる大会に出場してポイントを獲得し、世界ランキングの100位以内に入る必要があります。

さらに、世界ランキング300位以下の選手は、6段階目の「フューチャーズシリーズ」や、若手プロが出場する「サテライト・サーキット」に出場して、自分のランキングを上げていかなければなりません。

女子選手の場合も、自分のレベルに応じた大会に出てポイントを獲得し、ランキングを上げて四大大会出場をめざすというのは、男子選手と同じです。

最大の目標は四大大会での優勝

テニス選手にとって、最大の目標は、四大大会に出場して優勝することです。四大大会は世界中のテニスファンから注目され、賞金総額も日本円で2億円前後というビッグトーナメントです。

これら四大大会には、世界ランキングで100位前後までの選手と、予選にエントリーして勝ちあがった選手だけしか出場できません。

四大大会に出場して、一試合でも多く勝ち上がり、優勝すること。これが、世界のプロ選手たちの最大の目標であり、この大きな目標に少し近づいていくことが、テニス選手にとっての大きなやりがいになります。